« 2001年12月 | トップページ | 2002年2月 »

2002年1月31日 (木)

イマジョウさん

課長が切り餅をくれた。なんでも実家で作りすぎたんだそうだ。

もらった部下たちはみんな口々に「わぁー、おいしそう!」とか言っていたが、それは嘘だろう。焼いてしょう油を付けたりきなこをまぶしてあるのなら分かるが、固くひからびた餅なんてうまそうに見えない。

わたしたちは、たてまえの社会で生きている。


2002年1月30日 (水)

テカリーヌ

あぶらとり紙の減りが早い。

わたしたちが一生に排出される顔のあぶらの量は一体どれくらいだろう。バケツ一杯分ぐらいはあるだろうか。もったいないことである。新しい資源として役立てることはできないか。ガソリンの代わりに顔のあぶらで走る車とか。

ガソリンスタンドでは「レギュラーですか、ハイオクですか、顔ですか」と聞かれるのだ。エコロジカルである。


2002年1月29日 (火)

わき

女性雑誌には脱毛の広告がたくさん出ている。

それは季節ごとに謳い文句が変わる。「クリスマスまでに脱毛」「バレンタインデーに向けて脱毛」「春までにスベスベ肌を」「薄着の夏にツルツルのワキを」「秋?冬の間にムダ毛をなくそう」などなど。

日本全国脱毛音頭だ。


2002年1月28日 (月)

お湯で煮るだけ

胃を痛めてから、ごはんではなくおかゆを食べるようになった。

おかゆにすると米を食べる量が激減する。これでまた痩せるだろう。今は五分がゆだが、いずれは三分までに進めたいと思っている。

そんなわたしを母はからかって「おっかさん、今日もおかゆしかないの…」などと演技しやがる。


2002年1月27日 (日)

いらぬお世話

電車で隣に座った女の子が一人で泣いていた。

こういうときはどうすればいいのだろう。電車で赤ちゃんが泣いていると、周囲の人々はべろべろばーなどといってあやしているが、妙齢の女性にべろべろばーなどと言っても不気味がられるだけである。

でも泣き止むかもしれない。


2002年1月26日 (土)

ナンジは

友人の結婚式に出席した。

教会の牧師は外国人で、なまりながらも日本語で式を進めた。聖書を読み上げるのも日本語だったが、手に持っているのは英語で書かれているものだった。ということはローマ字で読み方を書き込んでいたのだろうか。Kami ga awaseraretamono wo hito ha hanasiteha naranai.

カンニング聖書だ。


2002年1月25日 (金)

平和の象徴

会社のビルの屋上にはとが巣を作った。

大きな目玉マークなどを置いて対処しているが、あまり効果はないようだ。はとはどんどん増え続け、フン公害も深刻になってきた。しかし企業イメージもあるので皆殺しにするわけにもいかない。

そのうち我が社ははとに乗っ取られるのではないだろうか。株式会社はと。


2002年1月24日 (木)

こんなもんですかね

雑誌に「合コン必勝法」という特集があった。

それによると、男性に好印象を与える服装は、ワンピースとカーディガンの組み合わせらしい。さらに髪をカールさせるとよいという。

わたしは下腹が出ているので、ワンピースを着ると妊婦のようになる。しかも短髪なので、カールもできない。今度の合コンまでには腹をひっこめて、髪も伸ばすことにしよう。

しかし今度の合コンっていつだ。


2002年1月23日 (水)

ベトナムコーヒー

ベトナム料理を食べに行った。

同行した先輩はベトナム料理は初めてだったのだが、まず香草を吐き出した。「カメムシの臭いがする」と言っていた。さらにベトナムうどんを食べて「どん兵衛だ」と言い、生春巻きは皮をむいて具だけ食べていた。デザートのタピオカは「カエルの卵」との感想を述べた。

将来、彼女がベトナムに旅行することはないだろう。


2002年1月22日 (火)

常識

またフランスの話。

パン屋でフランスパンを買ったら、袋に入れずに持つところだけを紙で巻いて渡してくれる(上図参照)。このまま街を歩いたりするわけなので、ばい菌がつき放題である。特にパリは犬が多く、フンもそこらじゅうに落ちている。フンの粒子が風に乗ってパンについたら…と思うとゾッとする。

せめてパンを持った手を高く上げて歩いていた。


2002年1月21日 (月)

パリゼット

会社に行って早速フランス旅行の自慢話をしようと思ったら、別の友人に先を越された。

なんでも彼女は「日本の旅館100選」の一位に選ばれた老舗旅館に泊ったらしい。玄関では30人もの従業員に出迎えられ、贅沢なかに料理に舌鼓を打ってきたらしい。

完全に食われてしまった。わたしだって4ツ星ホテルに泊ったのに。毎日フランス料理だったのに。


2002年1月20日 (日)

はら

胃を痛めてからほとんど何も食べていない。

医者がくれた薬は空腹時でも飲める処方なので、食事といえばそれぐらいである。すると体重がたちまち2kg減った。

究極のダイエット方法は「食べない」ことであるということがわかった。あやしげなお茶を飲んだり、たまったうんこを出したりするよりもよっぽど効果的である。ただし、肌は荒れる。


2002年1月19日 (土)

病気ねこ

胃が痛いので病院に行ったら、急性胃炎と診断された。

最近何か変わったことは、と聞かれたので、フランスに旅行したと答えた。それはどうだったか、との問いに「いやー良かったですよ、街はきれいだし、ホテルは豪華だし…」と答えると、そうではなくて旅行中の体調はどうだったかということを聞いていたようだ。

またかかなくていい恥をかいてしまった。


2002年1月17日 (木)

サンジェルマン教会の壁画

フランスから帰ってきた。

地下鉄でスリに遭った。小学生ぐらいの男の子が、わたしのかばんに手を入れてきた。驚いて「なにすんの、あんた!」と叫んだら、何も盗らずにすぐに逃げてしまった。

そのときわたしの財布には1000円程度しか入っていなかった。もし盗られていたら、日本人は貧乏であるという誤解を生むところだった。あぶないあぶない。


2002年1月 9日 (水)

旅人と言えば

明日から旅行でフランスに行く。

周囲の人達は皆「ハイジャックに気をつけてね」と言う。わたしもまぁ努力はしてみるが、どう気をつけたらいいものやら。死んだふりでもすればいいのだろうか。

防弾チョッキを着るという手もある。あったかそうだし、一石二鳥だ。空港で売ってたかな。


2002年1月 8日 (火)

グッパーグーフミ

小学校の頃、ゴムとびがはやった。

なかでも「ノータイム」というのに熱中した。「ノータイム、ノータイム」と歌いながらとぶのである。当時は何も感じなかったが、冷静に考えてみるとわけのわからない遊びである。「時間がない、時間がない」などと言いながらゴムをとんでいる。悠長なことだ。

懐かしくなってきたので、明日会社にゴムひもを持って行くことにする。昼休みに屋上でゴムとび大会を催そう。飛び入り歓迎。


2002年1月 7日 (月)

手ブラ

わたしが貧乳であることは以前にも書いた。

今日ブラジャーを買おうと思ったら、サイズがなかった。さては売り切れかと思って店員に聞いたら、「当店ではAカップのブラはお作りしていません。Bカップからになります。」と言われた。なんだそれは。けんか売ってるのか。

さらに「お客さまでしたら、周りのぜい肉を集めたらBカップになりますよ」とも言われた。うるさいぞだまれ。


2002年1月 6日 (日)

ドライブインやまびこ

雑誌に掲載されていたおしゃれなカフェの紹介に「黄色い庇が目印です」と書いてあった。

わたしは「庇(ひさし)」という字が読めなかった。屁みたいだな、と思った。黄色い屁が目印です。なるほど屁に色がついているとしたらまさに黄色だろう。

しかしそんな目印のカフェはいやだ。くさいコーヒーが出てきそうである。


2002年1月 5日 (土)

13号

会社勤めをはじめて5kg太った。

大きいことはいいことだ。足は太い方がいいし、顔は大きいほうがいい。そのほうがなにかと便利だ。

牛丼だって並よりは大盛りのほうがいいし、大盛りよりは特盛りのほうがいい。みんなそうでしょう?


2002年1月 4日 (金)

アンニュイな午後

今日から会社が始まった。

しかし社員はみんな挨拶回りで外出してしまい、残ったのは女子社員数名のみだった。暇なのでカルタとりでもしようかと、パソコンで札を作っている間に5時になってしまった。

こんなことならトランプを作ればよかった。新春早々悔やまれる出来事である。


2002年1月 3日 (木)

凶

誘惑に負けておみくじを引いてしまった。

しかしおみくじというものは、筒を振って番号が書いた棒を巫女さんに差し出すと紙が貰える、というシステムだったと思う。ところが今日行った神社では、箱にたくさんおみくじが入っていて、それを一枚手づかみで取るという方式だった。それは福引きではないのか。

「吉」と書いてあったが、3等賞ぐらいの価値だと思う。


2002年1月 2日 (水)

日本の冬

我が家にはコタツがない。日本人としてあるまじき家庭である。

コタツが欲しい、と十数年前からねだっているのだが、厳格な父は依然として購入する気はないようだ。ストーブがあれば十分だろう、とニベもない。

不憫に思った母は、こっそり電気あんかを買ってくれた。母の気持ちは嬉しいのだが、こんなのコタツじゃない。まぁ寝るときはあったかいのだが。


2002年1月 1日 (火)

今年もよろしく

近所の神社にお参りに行った。

お賽銭はもちろん15円。十分ご縁がありますように。願い事は「幸せになれますように」。オールマイティーだ。

おみくじは凶が出たらいやなので、引かない。これで今年もバッチリである。


« 2001年12月 | トップページ | 2002年2月 »