« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »

2002年6月30日 (日)

カーン

サッカーを観ていた。

ドイツにシュナイダーという選手がいる。格好いい名前だと思っていたら、ドイツにはよくある名字らしい。日本で言ったら田中ぐらいのものだろうか。

タナカだって、外国ではもしかしたらすごく格好いい名前なのかも知れない。


2002年6月29日 (土)

太公望

ルアーフィッシングというものがある。

エサに似たもので魚を釣り上げるのだが、釣られた魚はとてもかわいそうだ。それなら本物のエサを使って、最後ぐらいはおいしい思いをさせてあげてもいいのではないか。

いずれにしても人間のエゴなのか。


2002年6月28日 (金)

進化論

「目」という漢字はおかしいと思う。

上図のように目の絵がだんだんと変化していったのは分かるが、どうして最後にひっくり返ってしまったのだろう。これなら「皿」のほうが実際の形に近い。

だから「目を皿のようにする」という言葉があるのだろうか。


2002年6月27日 (木)

ジャムねこ

「節約のコツ」のような本を読んだ。

それによると、ものは買うより作るほうが安上がりとのことだった。手作り洗剤、手作りジャム、洋服も自分で作りましょう、などと書いてある。

なんか腑に落ちない。だいたいジャムなんてぜいたく品だ。


2002年6月26日 (水)

大富豪課長

トランプゲーム「大富豪」の遊び方を知らない。

みんな口をそろえて説明してくれるのが「2が強い」「3が弱い」「4枚で革命」「なくなったら勝ち」「都落ちがある」ということばかりだ。

これだけではさっぱり分からない。わたしの頭が悪いのか。


2002年6月25日 (火)

セクハラ名札

わたしの会社では名札を着けることが義務付けられている。

何人かの社員は、なぜかかたくなに名札を着けようとしない。注意されると、しぶしぶ腰のポケットに着けたりする。そういえば小中学校のときにもそういう人がいた。なぜだろう。

自分の名前を悪用されたくないのだろうか。黒魔術とか。


2002年6月24日 (月)

どよー

トランプで遊んでいた。

絵札を眺めていると、なんだか妙な気分になってくる。キングやクイーンの目がうつろで気味悪いのだ。それに刀を持っていたりして、怖い。

きっと彼らには暗い過去があるに違いない。


2002年6月23日 (日)

おすすめします

気になることがある。

製薬会社のCMは、終わりに必ずピンポンという音が鳴る。ときには出演しているタレントが「ピンポーン」と口で言う場合もある。なぜだ。

きっとすごい理由があるに違いない。なんかドキドキしてきた。


2002年6月22日 (土)

素足の季節

街で派手な女の子たちがしゃべっていた。

聞けば「コンパイラ!コンパイラ!」と叫んでいる。随分むずかしい言葉を知っているものだと驚いたが、よく考えれば「(会うのが)コンパ以来」と言っているようだった。

ところでコンパイラってなんだろう。


2002年6月21日 (金)

ロッテンマイヤー

最近はメガネのことをアイウエアと呼ぶらしい。

なんでも英語で言うと格好良く聞こえるから不思議だ。これからは耳当てをイヤウエアとか、マスクをマウスウエアとか呼ぶようになるかも知れない。

マスクはもともと英語だ。


2002年6月20日 (木)

往来

家の前に植物を飾る人は多い。

たまに道路まで侵食しているときもある。そういうのはたいていアロエやネギなどで、鑑賞用ではない。プランターも、魚屋にあるような発泡スチロールだ。

これもガーデニングなのか。


2002年6月19日 (水)

弁当も入る

会社用のカバンがくたびれてきた。

いい品物は、使うほど味が出るという。わたしのカバンも薄汚れて少し縫い目がほどけたりしているが、これもきっと味なのだろう。大切に使うことにしよう。

ちなみに値段は3900円だった。中国製だ。


2002年6月18日 (火)

応援ねこ

わたしは指笛が吹けない。

わたしだけではなく、周囲の人はみんなそうだ。しかし、外国人は簡単にやってのけるように思う。特に、羊飼いの人は吹けないと勤まらないぐらいだ。

国家試験があるのかも知れない。


2002年6月17日 (月)

わざとじゃないのに

わたしはくせ毛である。まるで陰毛のようだ。

それに比べて、外国の女の子のくせ毛はふんわりしていてかわいい。街で外国人を見つけると、いつもうらやましく眺めてしまう。ないものねだりだ。

実は彼女らもわたしをうらやましがっているのだろうか。「いいな、陰毛っぽくて」とか。


2002年6月15日 (土)

こういう広告に載るモニターの背がみんな高いのはなぜだ

雑誌ダイエット広告を見ていた。

「今までどんな方法でもダメだったわたしが痩せたんです!」という体験者の手記が載っていたが、彼女らは一体どんなことを試したのだろう。

どうせリンゴダイエットとかゆで卵ダイエットとかじゃないのか。


2002年6月14日 (金)

準備中

電車の中で化粧をしている女がいた。

アイシャドウを塗る彼女の鼻の下は伸び、口は半開きだった。口紅を塗るときは、下唇を突き出してしゃくれ顔になっていた。

化粧中にそんな顔になるのはわたしだけかと思っていたが、みんなそうなのか。安心した。


2002年6月12日 (水)

寝起き

最近、目覚まし時計の調子が悪い。

なぜか6時になると動かなくなる。少し針を進めるとまた動き出す。わたしは朝5時に起きるのであまり問題はないが、やはり不安だ。

会社から帰るととりあえず時刻を合わせるのが日課になった。ゼンマイ時計みたいだ。


2002年6月11日 (火)

洗髪

わたしが使っているシャンプーには「さわやかなフローラルグリーンの香り」と書いてある。

「フローラルグリーン」を訳すと「花と緑」だろうか。単なる花の香りならともかく、花と緑の香りなんていろいろ入り混じってすごい臭いになりそうである。

他にも「ホワイトフローラル」や「ウッディシトラス」なんてのもあった。どんな香りだ。


2002年6月10日 (月)

足痛ねこ

靴ずれができた。

いつも使っている軟膏を塗っておいたが、この薬は痛いばかりで全然治らない。でも何もしないよりはましだろうと思っていた。

さっき気付いたのだが、それは肩こり用塗り薬だった。何もしないほうがはるかにましだった。


2002年6月 9日 (日)

ジュースねこ

昔の缶ジュースには「無果汁」と書いてあることが多かった。

当時は合成着色料や甘味料が流行し、化学的な成分が入ったものがよしとされていた。だから、果物の汁なんてのは格好悪かったのだろう。

近頃では「果汁1%未満」などと書かれている。レモン汁1滴ぐらいか。


2002年6月 7日 (金)

買い物ねこ

コンビニでガムを買ったら、「シールでいいですか?」と聞かれた。

なんだろう、シールをくれるのかな?と思ってうなずいたら、店のマーク入りのシールをガムに貼られた。支払い済みのしるしだったのだ。

なんだかガッカリした。別にシールが欲しかったわけでもないのだが。


2002年6月 6日 (木)

名札

最近、派手な名前の子供が多い。

外国人のような名前や、強引な当て字など。見目麗しく育てばいいが、万一ぶさいくになったらどうするのか。顔も名前も親の責任である。

わたしの名前は日本国中に100人はいそうな平凡なものである。むしろ親に感謝している。


2002年6月 5日 (水)

ダリ

いい腕時計は高い。

ものによっては100万円以上する。1日は24時間なので、1時間あたり約4万円の計算になる。まさに時は金なりである。

でも1秒間なら約10円だ。そう考えると、ロレックスもたいしたことはない。


2002年6月 4日 (火)

びん

電車で隣に座った女の人の香水がきつくて、とても苦しかった。

着けている本人が大丈夫なのはなぜだろう。キンチョールなどの虫取りスプレーは、虫には効くが人間には平気な成分でできているという。

電車の人の香水も、わたしにだけ効く成分が入っていたのだろうか。


2002年6月 3日 (月)

かっぱ

あるレストランの広告を見ていた。

高級エビ料理が売りなのだが、原寸大の写真を掲載し、その宣伝文句には「豪華な大型エビ!」「20cmもあります!」とあった。かえって貧乏くさい。

みずから「高級」とか「豪華」とか名乗ると逆効果である。


2002年6月 2日 (日)

らっぱ

わたしの住む地域では毎年「3000人の吹奏楽」というイベントが行われる。

壮大なブラスバンドのショーなのだが、10年前までは「2000人の吹奏楽」だった。10年間で1000人増えるということは、単純計算だと100年で1万人、1000年で10万人増えることになる。

その調子で増殖を続けて人類総動員で行われるときには、既に地球は滅んでいるだろう。


2002年6月 1日 (土)

足

通勤には片道2時間かかる。

電車の路線が悪く、かなり遠回りしているのが原因だ。車なら高速道路を使って30分程度で行けるが、わたしは車を持っていないのでそれもできない。

身長が1kmほどあれば歩いて行けるのだが。


« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »