« 2002年6月 | トップページ | 2002年8月 »

2002年7月31日 (水)

盆踊りねこ

年配の上司と話した。盆踊りの話題だ。

どこに住んでいるのかと聞くので「兵庫です」と答えると、「そのへんは河内音頭じゃないな」と言った。八尾に住む友人には「そこは河内音頭だろう」と嬉しそうに言った。

彼にとって、河内音頭がすべてなのだ。


2002年7月30日 (火)

こういうのが欲しかったんだが

母がわたしに内緒で浴衣を買ってくれた。今仕立て中である。

どんな柄なのか聞いてみると、「カボチャよ。かわいいでしょう」とのことだった。さらに「ナスやキュウリも描いてあるわよ」と付け加えた。

そんな精霊流しみたいな浴衣はいやだ。


2002年7月29日 (月)

セルフ仕上げ

ネイルアートに凝っている。

贅沢なサロンに行くと最低でも5000円はかかるが、自分でやるとタダである。このお得感がいい。豪華にラメを散りばめても、お花を描いてもタダだ。

ボロを着てても心は錦。


2002年7月28日 (日)

エースで4番

高校野球の地区予選を見ていた。

見なれない高校が出場していると思っていたら、有名校が最近学校名を変えたそうだ。ついでに校歌も変えたらしく、ロック調のメロディーに英語の歌詞だった。

でも部員は丸坊主だった。


2002年7月27日 (土)

コレクション

マニキュアを買った。

ところが、箱から出したらビンが割れていた。明日、店に取りかえてもらいに行くのだが、わたしが割ったと疑われないかが心配だ。

被害者っぽい表情を研究しよう。今夜は徹夜だ。


2002年7月26日 (金)

カンフー

会社の中が暑い。

うちわであおいでもまだ暑い。ためしに3枚かさねてあおいでみたが、全然涼しくない。どころかむしろ、重くてますます暑くなるのでイライラする。

暑さは人の思考能力を低下させる。


2002年7月25日 (木)

帰国子女

わたしは小さい頃、髪を短くしていた。

本当は長く伸ばしたかったが、母が許してくれなかった。髪型ばかりに気を取られて、勉強がおろそかになってはいけないと言うのだ。まぁ一理あるかも知れない。

だからってスポーツ刈りはひどいと思う。


2002年7月24日 (水)

失礼ですがどちらさまですか

会社で電話対応研修があった。

それによると、電話を取るときは「ありがとうございます○○商事です」と言わなければならないとのことだった。しかし、客からかかってくるのはたいていありがたくない要件ばかりだ。

怒りの電話もありがたく受ける。仏さまのような会社だ。


2002年7月23日 (火)

一応ベストは着る

制服のタイトスカートは長い。

みんなウェスト部分をまくし上げて短くしている。20歳台の人は1回、30歳台なら3回巻く。若い人は少し長めが流行で、バブルを経験した女性はミニスカートがお好みだ。

40歳台の人はなぜか制服を着ない。


2002年7月22日 (月)

そんなんありかいな

レストランの2割引クーポンをもらったので行ってみた。

会計してみると、胸算用よりもはるかに高い。2割引はフードだけで、ドリンクは定価だった。さらに明細を見ると、頼んでもいない「チャーム」というメニューがあった。

しかもサービス料として1割取られていた。もちろん消費税も付いていた。


2002年7月21日 (日)

パンストをはくのは邪道らしい

また靴ずれができた。

皮がめくれそうになったが、我慢してむかずに保護していた。しばらくすると勝手にぺろりとむけてしまい、きれいな皮膚が現れた。

さしずめ、さなぎから脱皮した美しい蝶だ。足だけど。


2002年7月20日 (土)

ねこのプーさん

体重が増えた。ダイエットをしよう。

まずは朝の食パンに塗るはちみつの量を減らすことにした。そこで困っているのが、はちみつを薄く延ばすべきか、一箇所に集中してつけるべきかということだ。

細く長く生きるか、太く短く生きるか。人生とは何だ。


2002年7月19日 (金)

SPF45 PA+++

日焼け止めを買った。

それには「すぐに透明になる乳液」と書いてあった。塗ると透明人間になれるのだろうか。いやそんなわけがないことは分かっている。

しかし、これを塗ろうが塗るまいが誰もわたしのことなんか見ない。


2002年7月18日 (木)

セット販売

香典返しをもらった。

品物は、香典袋、筆ペン、タオルのセットだった。袋とペンはわかるが、タオルはどういう関係があるのだろう。香典袋に筆ペンで記名したら汗が出るのでふいて下さい、ということだろうか。

もしくはふくさ代わりに包むのだろうか。タオルで。


2002年7月17日 (水)

通販で2600円

新しいくつが欲しくてデパートに行った。

でも今はバーゲンの残り物ばかりだ。しょうもない飾り金具が付いていたり、ヒール部分が鉄板だったり。これさえなければ買うのに、という品ばかりである。

バーゲン用だからと、わざとおかしなデザインにしているとしか思えない。


2002年7月16日 (火)

明星ヘアカタログ

美容院に行った。

わたしはひどいくせ毛である。今回は思い切ってパーマをかけてみた。もじゃもじゃの毛がさらにもじゃもじゃになったわけだが、かえって目立たなくなった。

木を隠すなら森の中。


2002年7月15日 (月)

もちろん昼寝もする

明日は会社の創立記念日で休みだ。

平日が休みなんて久しぶりだ。せっかくだから土日にはできないことをしよう。まずは郵便局に行って、それから銀行に行こう。役所にだって行ける。

普段めんどうな手続きが一気に済む。戸籍謄本だって取れる。


2002年7月14日 (日)

どうぞー

スーパーで買い物をした。

わたしは試食コーナーが苦手だ。断わり切れずに食べてしまうと、欲しくなくても買わなければいけないような気がする。おかげでわざと売り場を遠回りするクセがついてしまった。

買い物ぐらい、もっとのびのびとさせてほしいものだ。


2002年7月12日 (金)

フレンチネイル

ラメ入りマニキュアを買った。

さっそく塗ってみたが、なかなかうまくいかない。爪にラメを均等にのせるのは至難の技である。なんとか塗り終えたが、爪にゴミがついているようにしか見えない。

手間ひまかけておしゃれから遠ざかってどうする。


2002年7月11日 (木)

寝巻き

今日は涼しくて快適だ。

先日会社を休んだときはとても暑かった。ずっと部屋で寝ていたのだが、暑さですぐに目が覚めた。それでも我慢して寝ていたら、脱水症状を起こした。

こんなことならあの日は無理に出社して、かわりに今日休めばよかった。


2002年7月10日 (水)

風と狩人

台風だ。警報もでたらしい。

近頃は、ちょっとした風雨でもすぐに警報が出るように思う。万一被害があったときに責任を問われないよう、気象庁がとりあえず出しているのではないだろうか。

綿100%なのにドライクリーニングのみの洗濯表示がついている服のようだ。


2002年7月 9日 (火)

うたってゴー

今日も会社を休んだ。

小学生の頃に学校を休んだら、NHK教育の人形劇などを見るのが好きだった。今日久しぶりに見てみたら、当時ほど面白く感じなくなってしまっていた。

また自分が大人になったことを実感した。


2002年7月 8日 (月)

せきねこ

風邪で会社を休んだ。

これで有給休暇を1日使ってしまった。次の有給休暇起算日は9月30日だ。残りはわずか数日しかないが、それまで持つだろうか。

ゲームで敵にやられて、ライフがひとつずつ減るような気分だ。


2002年7月 7日 (日)

夏を乗り切れ

蒸し暑い。

わたしの部屋には冷房や扇風機がない。あるものといえばうちわだ。それもわざわざ1500円も出して買ったものである。さすがに高級品は作りがしっかりしている。

道具に関してはこだわり派だ。多少の暑さは我慢しなければならない。


2002年7月 6日 (土)

マドロス波止場

「船長さんの命令」というゲームがある。

「船長さんの命令です」と言われたらそれに従わなければいけないのがルールだ。しかし、なんで船長ごときに命令されなくてはいけないのか。

わたしはあくまでも逆らい続けるレジスタンスでありたい。


2002年7月 4日 (木)

せきどめドリンク

咳が出る。扁桃腺がはれているのだろうか。

口を開けて鏡に写してみたが、よくわからない。だいたいどこが扁桃腺かもわからない。こういうときのために普段から観察しておくべきだと痛感した。

自分の体は自分が一番よく知っている、なんてのは嘘だ。


2002年7月 3日 (水)

別テイク

JRに女性専用車両ができた。

痴漢に悩む諸姉もこれで安心だ。しかしそれでは、痴漢に狙われやすい若くてきれいな女性ばかりが乗ることになりそうだ。はたして、わたしが乗ってもいいのだろうか。

あつかましいと思われたらいやなので、遠慮しておこう。


2002年7月 2日 (火)

横を向いてみたり

会社の玄関に監視カメラが設置されている。

誰かに見られていると思うと気が抜けない。つい姿勢を正してしまうが、それに気付かれないようにできるだけ自然に振舞うように心掛けている。

一日で一番気持ちが引き締まる瞬間だ。


2002年7月 1日 (月)

ワゴンセール

バーゲンで洋服を買おう。

ワゴンのお買い得商品をほじくり出すのが好きだ。しかし、わたしが散らかした服を横から店員がかたっぱしからたたんでいくので、どうも気兼ねしてしまう。

気が付けば、わたしも一緒になってたたんでいたりする。これぞバーゲンマジックだ。


« 2002年6月 | トップページ | 2002年8月 »