« 2002年11月 | トップページ | 2003年1月 »

2002年12月31日 (火)

歌手

紅白歌合戦を見ていた。

中村美津子の「河内おとこ節」は、うちの母のカラオケの十八番だ。ところがたまにコード入力を間違えて、「河内のおっさんの歌」というのが出てくることがあるという。

是非その歌を覚えたい。来年の目標だ。


2002年12月30日 (月)

年男

羊の人形がよく売っている。来年の干支だ。

ところで羊は人ではないので、「人形」と呼んではまずいような気がする。しかし「羊形」ではなんだかわからない。

女形、と書いても、別に女の人形というわけではない。おやま、と読む。


2002年12月28日 (土)

アップに耐えよう

顔が脂っぽい。

それならばと洗顔の回数を増やしてみたのだが、逆効果らしい。必要な油分を取りすぎると、顔が「もっと脂を出さなければ」と思いこんでしまうそうだ。

どうして自分の顔なのにコントロールできないんだろう。親の心子知らず。


2002年12月27日 (金)

金勘定

課の忘年会で幹事をやった。

立て替えていた代金を徴収したのだが、多くの人が一万円札しか持っていないと言う。わたしもそんなにつり銭を持っているわけではないので、困ってしまった。

そもそも一万円しかない、という方が悪い。あめ玉を買ってでもくずしてくるのがスジだろう。


2002年12月26日 (木)

宇宙ねこ

またテレショップを見ていた。

筋肉を付けるマシンやダイエット食品などの商品は、NASAで開発された技術を使っていることが多い。NASAってどんな研究をしているんだろう。その研究者はどんな人なのか。

おそらく、みんなすごい筋肉質でスタイルがいいと思われる。


2002年12月25日 (水)

占い師に挑戦

雑誌に来年の運勢が載っていた。

それによるとわたしの場合、今までできなかったことに挑戦するのが吉らしい。では、毎年躊躇していた福袋の購入にチャレンジしよう。年末にはジャンボ宝くじも買おう。

これで一年がラッキーになるなら安いものだ。


2002年12月24日 (火)

いれもの

テレショップの番組を見た。

押入れ収納ボックスが6個1万円で、今ならキャンペーン中につきさらにあと2個ついてくるそうだ。収納ボックスを8個も入れられる押入れなんてあるのだろうか。

そんなに広々とした押入れだったら住んでもいい。


2002年12月23日 (月)

のりもの

ポートピア遊園地が今年度で閉園するので、今日遊びに行ってきた。

ところが、実は閉園はあと3年延長することになったらしい。だったらなにも急ぐことはなかった。彼らの経営戦略にまんまとひっかかってしまった。

近所の電器屋は、かれこれ10年ほど店じまいセールをやっている。


2002年12月22日 (日)

ほこりも丸見え

新しい掃除機を買いに行った。

電器屋の店員は、新発売のサイクロン方式をすすめてきた。それは透明ボディでゴミパックがなく、吸い込んだものが丸見えになるしくみだ。

つまり虫を生け捕りにできるわけだ。これに決めた。


2002年12月21日 (土)

ネコサンタ

メリークリスマスのメリーってなんだろう。

辞書で調べると「陽気な、愉快な」とあった。つまり外国人は「愉快なクリスマス!」とあいさつしているわけである。なんだか変だ。

キリストの誕生日なんだから、ハッピーバースデーでいいじゃないか。


2002年12月20日 (金)

若干37歳らしい

駅前で、議員候補者が演説をしていた。

ためしにしばらく聞いていたのだが、彼は自分の名前、自分がいかに若いか、ということしか言わなかった。そんな演説でいいのならわたしだってできる。

しかもわたしのほうが若い。出馬するなら今だ。


2002年12月19日 (木)

ピザねこ

会社でピザの出前を取った。

これが思いのほかおいしく、楽しいランチタイムを過ごすことができた。いつもの冷えた弁当とは雲泥の差である。これからは月に一度はピザにしよう。

この風習を社内中に広めたい。第三木曜日はピザの日。


2002年12月18日 (水)

世界の車窓から

事故で帰りの電車が止まってしまった。

よく新聞等で「このため、通勤の市民1万人に影響」などと報道される。今回はわたしもその内の一人なのだと思うと感慨深い。なんだか興奮してきた。

駅でインタビューでもあるかと思ったが、なかった。


2002年12月17日 (火)

おしゃれな店の中ジョッキ

外食したら、決まってビールを飲んでいた。

先日、思いついて他のものを飲んでみたら、普段より食事がすすむことに気がついた。いつもは炭酸でおなかがふくれていただけだったのだ。

つまり、ビールを飲むと少食になる。ビールダイエットだ。これなら続けられる。


2002年12月16日 (月)

六甲のおいしい水

今日は会社の忘年会だった。

高級な冷酒を勧められて飲んだ女子社員が「おいしい、水みたい!」と叫んでいた。ならば水を飲めばいいだろう。そのほうが経済的である。

わたしは日本酒が飲めないのでなおさらだ。飲んだつもりで貯金でもしようか。


2002年12月15日 (日)

かご

薬局にあぶらとり紙を買いに行った。

すると店員に買い物かごを手渡された。断わるのも悪いので受け取ったが、中に入れるのはあぶらとり紙だけである。そのままレジに行くのもなんなので、意味もなく店内を一周した。

なんでこんなに気を使わなければならないんだろう。もっと楽に生きたい。


2002年12月14日 (土)

門

神戸ルミナリエを見に行った。

会場には噴水の形の募金箱があった。ちゃんと水が流れていて、みんなそこにめがけて小銭を投げ入れていた。人は泉を見るとお金を入れたくなるようだ。

さっそく我が家の前にも泉を作ることにしよう。


2002年12月13日 (金)

自前

毛皮のえりまきをなくしてしまった。

ミンクの高級品だったので、とても残念だ。できれば浮浪者に拾われて、この厳しい寒さを乗り切ってもらえていたら幸いである。

ねこのふとんになっていたらもっといい。


2002年12月12日 (木)

冬場は特に痛い

ドッヂボールが苦手だ。

人にボールをぶつけて得点するとは、なんと野蛮なスポーツだろう。こんな弱者をいじめる競技がいまだに行われているのが不思議でならない。

人権作文で訴えてみようか。


2002年12月11日 (水)

ブランド品

版画を刷るのでバレンを買ってきた。

竹の皮で丸い板を包んである、小学校のときに使っていたのとまったく同じものだった。近頃のことだから、きっとプラスチック製品が主流だと思っていたので驚いた。

もしかして独占企業だろうか。(株)東洋バレンとか。就職したい。


2002年12月10日 (火)

みんなで食べよう

安いお菓子は駄菓子と呼ばれている。

駄菓子の駄は駄目、無駄、駄作の駄であり、つまらないものという意味だ。なんとひどい言われようだろう。幼少の頃は、誰もが夢中で買い食いしたはずなのに。

かといって、チープスナックなんて呼びたくない。横文字にすればいいってもんじゃない。


2002年12月 9日 (月)

7等分

会社のお客さんが、うちの課におみやげをくれた。

しかしそれは大きな三角形のケーキと小さなようかんで、切り分けが難しい。不公平のないようにケーキは横にスライスしたが、薄っぺらでまずそうになった。

ようかんはサイコロステーキみたいになってしまった。


2002年12月 8日 (日)

エプロンぐらいしたほうが

近所のケーキ屋に行った。

初めて入ったのだが、店員の女性がみんな黒いスーツを着ているので驚いた。しかも濃いメイクに巻き髪で、化粧品屋のカウンターみたいだった。

ケーキ屋に色気は不要である。ケーキはおいしかったけど。


2002年12月 6日 (金)

たしか二千円札が

友人数名と、わりかんで食事をした。

すると、みんなこまかいお金を持ち合わせていないと言う。用意が悪いなぁ、と横目で見ていたわたしは現金を持っていなかった。ともかくカードで払って解決した。

カード会社のCMがひとつできそうな話だ。


2002年12月 5日 (木)

一種のポイントカード

近頃、いろいろな店でポイントカードが出回っている。

カードを作る際、住所や電話番号などを書かされる。もしかしたら店側はこの情報をどこかに横流しして利益を得ているのでは、と勘ぐってしまう。

ただカードを作れば割引サービスが受けられるなんて、考えてみればおかしな話だ。


2002年12月 4日 (水)

キャッチの人はみんな同じ顔

むかし、エステサロンに行ってみたことがあった。

しかしその店のコースは年間200万円もしたので、あきらめてしまった。あのとき200万円払っていれば、今ごろわたしは絶世の美女になっていたことだろう。

そういうわけでわたしは十人並みだが、いたしかたないのだ。


2002年12月 3日 (火)

学級文庫

友人から内緒話を聞いた。

「このことは、口が裂けても誰にも言ったらダメよ」と念を押された。しかしどんなに不自然なことがあっても、口が裂けることなど滅多にない。おかしな例えだ。

だいたい、口が裂けたらものが言えないだろう。


2002年12月 2日 (月)

身だしなみ

スカートのすそがほつれて、長い糸が垂れていた。

その糸を使って繕うとちょうどよい。昨夜は時間がなかったのでそのまま部屋に吊っておいたのだが、今日見たら糸が切れていた。どうやら父がよけいな気を効かせたらしい。

親切でやったことなので、怒るわけにもいかない。明日糸を買いに行かなくては。


2002年12月 1日 (日)

ちょっと辛いです

おいしい鍋のお店を知っている。

ところがこのたび、その店がKobe Walkerに掲載されることになったらしい。雑誌を見た人がたくさん押しかけて、常連が行きづらくなるのは悲しいことだ。

そういうわたしもまだ4回しか行ったことがないが、一応気分は常連さんだ。


« 2002年11月 | トップページ | 2003年1月 »