« 2002年12月 | トップページ | 2003年2月 »

2003年1月31日 (金)

毎回同じ挨拶

会社の人の送別会があった。

それは以前よその部署から移動してきた人で、そのときは歓迎会をやった。次に関連会社に出向になり、送別会をやった。さらに出向先から帰ってきたので、また歓迎会をやった。

そして今回は退職するそうだが、また戻ってきそうだ。


2003年1月30日 (木)

ニットさん

アクリルのセーターは安っぽくていやだと思っていた。

ところが今日入った店では「こちらアクリル100%なので、ウールより柔らかですよ」といわれた。自分の思い込みが必ずしも正しいというわけではない、ということを思い知らされた。

牛肉より豚肉のほうがいいという人もたくさんいる。


2003年1月29日 (水)

ミスバンコク

タイ料理レストランに予約の電話を入れた。

店員は日本語が苦手なようだ。そこで「よーやーくー」とか「7時、しーちーじー」とか言ってみたが通じない。当たり前だ。わたしだって、ゆっくり話し掛けられてもタイ語は分からない。

次回の予約のために、これからタイ語を習うことにする。


2003年1月28日 (火)

天気ねこ

明日は寒くなるらしい。雪も降るようだ。

そういうことをまわりの人が口々に言っていた。どうしてみんなそんなに気象情報に詳しいのだろう。降水確率や週刊天気予報までバッチリ知っている。

電車の中でも「明日の最高気温は1度よ」と聞こえてきた。そんなに重要なことなのか。


2003年1月27日 (月)

しかもすごくえらそう

通勤電車で、毎朝割り込みをするおっさんがいる。

なんとか前に行かせないようにカバンなどで防御していたが、いつも負けてしまう。最近はもうあきらめて、おっさんに先を譲るようになってしまった。

悟りを開くとはこういうことだろうか。


2003年1月26日 (日)

ママかぜ?

わたしはくしゃみの真似がとてもうまい。

上品にも豪快にも、自由自在だ。かぜ薬のCMでよく「クシュン」などとやっているが、あんなのとは比べものにならない。女優を上回る才能であると言える。

くしゃみタレントというのはないのだろうか。手タレや足タレがあるんだから。


2003年1月25日 (土)

わたしのイメージ

うそ発見器とは、考えてみればずいぶん安直な名称だ。

そんなもので自白させられる凶悪犯人がいるかと思うと、なんだか気の毒だ。せめて虚言発見器とか、もう少しましなネーミングはないのだろうか。

「うそ発見器ー」と言うとドラえもんの秘密道具のようだ。


2003年1月24日 (金)

昔の少女マンガ

流行のロングマフラーを買った。

これが本当に長く、あちこちに引っ掛けてやっかいだ。しかしおしゃれのためには多少の不便はやむをえまい。振袖だってウエディングドレスだって長い。

そういえばロングブーツも流行っている。とにかく長ければいいのか。


2003年1月23日 (木)

イタリアンワイン

来月、イタリアに旅行する。

少しはイタリア語を覚えて行きたいものだ。今のところ知っている言葉はピザ、パスタ、ジェラート、エスプレッソなど。食べ物ばかりである。

スシだのテンプラだの言っている外国人のことを笑えない。


2003年1月22日 (水)

あら

会社が停電になった。

蛍光灯が消えて、事務所は常備灯の薄明かりだけになった。なんだかいいムードである。ちょっと気取ってワインでも飲みたい気分だった。

次の停電にそなえて、フルボトルを置いておくことにしよう。


2003年1月21日 (火)

台無し

来月、海外旅行をすることになった。

海外旅行、といえばしょうゆを携帯する人がたまにいる。現地の食べ物が口に合わなかったときのためだ。もしかして韓国人は念のために唐辛子を持参しているのだろうか。

アメリカ人はどこに行ってもハンバーガーばかり食べている。


2003年1月20日 (月)

アクセスカウンター

梅田にある泉の広場の公衆トイレをよく利用する。

ここの水洗レバーにはなぜか回数カウンターがついていて、今までに何回流したかが分かるようになっている。キリ番を獲得すると景品でもでるのだろうか。

ちなみに今回は10053だった。惜しい。


2003年1月19日 (日)

どっちが食べやすいか

ハーゲンダッツでアイスを食べた。

コーンにかじりついていたのだが、店内を見まわすとみんなスプーンを使っている。片手で食べられるのに、わざわざめんどうなことだ。

高級な店でサンドイッチを注文すると、ナイフとフォークがついてくる。いらないだろう。


2003年1月18日 (土)

物思い

粗品でもらったタオルを使っている。

何気なく見たら「松田産業(株)」と書かれていた。住所も電話番号もなく、どんな会社なのかまったく分からない。気になってしかたがない。

おかげで、入浴中に考えるのは松田産業のことばかりだ。恋をした気分である。


2003年1月17日 (金)

和風

マッチ売りの少女のことを考えた。

マッチが売れず凍え死んでしまうかわいそうな話だが、冬の街角でマッチなんか売れないだろう。どうせなら甘酒とかにすれば、けっこう売れたと思う。

評判が客を呼んで、屋台から店を構えるまでのサクセスストーリーになりそうだ。


2003年1月16日 (木)

どうりで脱げるはずだ

先日買った靴だが、なんと左右のサイズがばらばらだった。店員のミスだ。

バーゲン品なので、交換は不可能だった。しかし考えてみれば、同じ組み合わせで買ってしまって困っている人がもうひとり、この世のどこかにいるはずだ。

ぜひともその人を探し当てたい。旅に出よう。


2003年1月14日 (火)

矛盾

会社の名刺が新しくなった。

それには「この名刺は再生紙を利用しています」とあった。わざわざ書かなくてもいいのに。「わたしたちはエコロジーに気を配っているのですよ」とアピールしているのだろうか。

だったら広告紙の裏でも使えばどうだ。


2003年1月13日 (月)

かまぼこ

知人の結婚式に出席した。

ウェディングケーキが普通の平たい四角形だったのが印象的だった。ケーキ入刀後は切り分けてみんなで食べた。お城みたいな作りもののケーキより合理的だ。

自分のときは、ロールケーキにしようと思う。


2003年1月12日 (日)

サインの練習

友人は、街で偶然サッカー選手を見たという。

写真を撮りたいと頼んだら、やんわりと断られたそうだ。無理もない。もしわたしがそのへんを歩いていて、いきなり知らない人にカメラを向けられたらきっと逃げるだろう。

何を触ったか分からないような手で、握手なんかもってのほかである。


2003年1月11日 (土)

有段者

柔道の試合を見に行った。

初段から五段までは黒帯だ。六段になると、紅白のしま模様のまだら帯というものになるらしい。なんだか弱そうだ。

どうせなら金色の帯はどうだろう。チャンピオンベルトみたいで格好いい。


2003年1月10日 (金)

湯けむり

会社の近くにマンホールがある。

どこかでお湯を流しているのか、今朝はそこからほかほかと湯気が立っていた。温泉街みたいだ。通勤時、おもわず旅情にひたるひとときである。

会社のビルはホテルのつもり。タイムカードでチェックイン。


2003年1月 9日 (木)

書くべきか否か

アンケート用紙などに、メールアドレスを記入する欄がある。

広告メールが来たら面倒なので、できれば書きたくない。しかし書かないで店員に「こいつメールアドレスもないのか、遅れてるぅ」などと思われるのもしゃくである。

かといってフリーメールのアドレスでは、お高くとまっているように思われそうだ。


2003年1月 8日 (水)

ジャーン

バーゲン会場で、ずるい女二人組が試着室を占領していた。

一人が着替えている間に、もう一人がめぼしい商品を運び込んでいる。その女が「きつくて着れない」と放り投げたスカートをわたしが試してみたら、ピッタリだった。

悠々と購入してみたものの、勝ったんだか負けたんだかよく分からない。


2003年1月 7日 (火)

パンタロン

バーゲンで靴を買った。

かっこいいピンヒールだ。しかしそんなものをはくのは初めてなので、とても歩きづらい。街なかを歩く前に、まず家の近所で練習しておくべきだろう。

回覧版を届けたり、ゴミ捨てに行くのもピンヒールだ。


2003年1月 6日 (月)

どこのだれだ

旅行のパンフレットを見ていた。

よく風景などの画像を掲載して「写真はイメージです」と書いてある。ところがそれには上図のような写真があった。ずいぶん適当なイメージである。

ちなみにこれはイタリアの案内だ。どのへんがどうイタリアなんだろうか。


2003年1月 5日 (日)

パンダさん

まつげを濃く見せるマスカラがブームだ。

ある新商品のキャッチフレーズは「時間がたってもパンダにならない」とのことだ。当たり前である。そのうちパンダに変身してしまったら驚きだ。

時間がたつとパンダになるマスカラ、だったら一度試してみたい。


2003年1月 4日 (土)

熱視線

隣の家に鳥よけの目玉シールが貼ってある。

部屋にいると、どうも視線を感じてしまう。せっかくのくつろぎのひとときを邪魔されるのは不愉快だ。こちらからも貼り返してみようか。

隣人とにらみ合うなんて、お昼の連続ドラマみたいで面白い。


2003年1月 3日 (金)

ご近所づきあい

家の前に新築が建った。

新しい住居者の奥さんは、おいしい手作りクッキーを持ってあいさつに来てくれた。大歓迎である。こちらからもお礼に、ゴミの出し方を教えてあげた。

次は町内の集会所を教えてあげよう。そのたびにお菓子をくれることを期待する。


2003年1月 2日 (木)

夜の駅

元日の電車は終日運行だ。

年中そうなら、終電を気にせず飲むことができる。きっと国民の個人消費は増加するだろう。日本国経済の活性化のために、鉄道各社に提案したい。

タクシーやカプセルホテル業者には大打撃だろうが、デフレの昨今なので了承願う。


2003年1月 1日 (水)

図書券とかにしときゃよかった

親戚の家に遊びに行った。

そこには小学生のかわいい男の子がいる。今年もあめ玉をたくさん買って持って行った。しかし彼はいつのまにか成長し、声変わりまでしていた。

一応おみやげを渡したら、「ありがとうございます」と低い声で礼を言われた。


« 2002年12月 | トップページ | 2003年2月 »