« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

2003年12月31日 (水)

わたしも着てるんですよー

買い物中に店員に寄ってこられるのが苦手だ。

とくに「なにかお探しですか?」と聞かれるのが困る。「いえ、見ているだけです」と答えると、なんだかひやかしの客みたいだ。いいものがあったら買うつもりなのに。

「ジャストルッキング」と言ってみようか。英語だとマイルドな感じがする。


2003年12月30日 (火)

着衣のマハ

なにかというと「まじでー!?」と叫ぶ人はたくさんいる。

しかしよく聞くと彼らは「まハじでー」と発音している。ドイツ語みたいだ。シューマッハとか、ザッハトルテとか。そう考えると若者の流行語もインターナショナルな感じがする。

以前「オッハー」というあいさつがはやったが、あれもドイツを意識していたのだろうか。


2003年12月29日 (月)

みえっぱり

胸を大きくする手術がある。50万円ほどらしい。

以前メガネを安売り店で作ったとき、値札は3000円だったが、乱視や薄型レンズで結局8000円になってしまった。豊胸手術もきっとこのシステムで値上がりするに違いない。

わたしの胸をFカップにする場合、500万円ぐらいかかるのではないか。


2003年12月28日 (日)

鉄人12号

わたしの指はとても太い。

先日デパートで見つけた指輪は、細いきゃしゃなデザインでとても素敵だった。しかし実際にはめてみると、なんだか糸くずがからまっているようだった。

指ダイエットというのがあればぜひ通いたい。TBCあたりでやってくれないだろうか。


2003年12月26日 (金)

書記長似の男

忘年会の幹事だったので、お金をまとめて立て替えた。

いつもなかなか支払ってくれない人がいる。やっと払ってくれたと思ったらまた1万円札だった。彼は「おつりはいつでもいいよ」とえらそうに言う。なんだその態度は。

腹が立つので、20年後に返してやることにする。いつでもいいって言っただろ。


2003年12月25日 (木)

アメリカ人

日本語を話す外国人がたまにいる。

そういう人でも、英単語を言うときはちゃんと英語の発音だ。しかし日本人は逆である。例えば自己紹介では「マイネームイズ・タカハーシ」などと英語っぽく発音する。

驚いたときは「オーゥ!」とか言ってる。ほんとに驚いてるのか。


2003年12月24日 (水)

13万円タイプ

今ほしい腕時計は25万円もする。

しかし、ダイヤなしのデザインなら15万円らしい。一気に10万円ディスカウントだ。さらに、ブレスレットタイプではなく革バンドにすると13万円になるそうだ。

あと10万円ほどなんとかならないだろうか。生活防水加工とかなくてもいいから。


2003年12月23日 (火)

ドット絵の醍醐味

ルミナリエを観に行った。今年で9回目だそうだ。

渋滞を避けるために、かなり迂回するように順路が工夫されていた。そうとは知らない観光客たちは「なんでこんなに遠回りしなくちゃいけないんだよ」などと文句を言っていた。

初年度は、身動きが取れない状態で1時間以上待たされ、暴動寸前だったことを教えたい。


2003年12月22日 (月)

貸し衣装

結婚式の情報誌をもらった。

それによると、ウェディングドレスは式場が用意したものをレンタルするのが一般的らしい。どうしても自前のドレスが着たい場合は「持ち込み料金」がかかるそうだ。なんだそりゃ。

居酒屋に酒を持ち込んだらいけないのと似たようなものだろうか。


2003年12月21日 (日)

キツネ主任

明日は忘年会だ。

7時半からなので、退社後少し時間がある。おじさんは散髪に行くと言うし、同僚の女の子はクィックマッサージで疲れを取るそうだ。ではわたしはプチ整形でもしようか。

きれいになって飲み会に出席する。今年の主役はわたしだ。


2003年12月20日 (土)

けんか両成敗

クリスマスケーキのカタログを見ていた。

最近は上図のようなケーキがよくあるが、どうやって等分すればいいのか。普通に切ったらイチゴの量に不公平が生じる。デザインを優先するとユーザビリティに欠けるものだ。

つまり、イチゴが外回りに並べられた昔ながらのケーキはユニバーサルデザインである。


2003年12月19日 (金)

ミクロ

今日は友人と食事会だった。

注文したのはとても安いコース料理で、「出血大サービス!」とあった。しかし思ったより量が少なく、全然足りないので他のメニューもたくさん注文してしまった。

その結果、かえって割高についてしまった。出血したのはこちらのほうである。


2003年12月18日 (木)

11月4日の人じゃないですよ

新人の女性がいるのだが、仕事を覚えてくれない。

先輩OLがノートを取るようにすすめるが、取らない。失敗して上司に叱られても、一緒にあやまる先輩に向かって「お互いさま!」と笑う。まったく最近の若者はなっていない。

ところが、聞けば彼女はもう33歳らしい。若作りは顔だけにしていただきたいものだ。


2003年12月17日 (水)

教養

中華料理店に行った。

となりのテーブルのサラリーマンが「カイナベニクください」と注文していた。それは回鍋肉(ホイコーロー)だろう、と思っていたが、店員は普通に「はい」と言っていた。

しかし厨房には「ホイコーローいっちょー」と叫んでいた。さりげなく教えていたのだろうか。


2003年12月16日 (火)

ミス歯ぐき

友人が歯医者に行った。

口をあけたとたん、歯科医から「キレイな歯ぐきですねー」と言われたそうだ。その後も「こんなキレイな歯ぐきは見たことがない」などとしきりに言われて困惑したと言う。

もしかしてこれは歯医者ならではの口説き文句なのか。キミの歯ぐきに恋してる。


2003年12月15日 (月)

はらねこ

わたしの腹はよく鳴る。

それも「グー」というよくあるタイプの音ではなく、「オゥ?」という感じの、まるで外国人に問いかけられたような音だ。練習すれば「Yeah!」とかできるようになるだろうか。

腹で英会話なんてすごい特技だ。会話といっても返事だけだが。


2003年12月14日 (日)

キャリアウーマンといえば黒いスーツ

「バリバリのキャリアウーマン」という言葉をよく耳にする。

男まさりに働く様子を表現するのに「バリバリ」というのはどうかと思う。それともなにか意味があるのだろうか。「very」がなまったとか。ベリベリのキャリアウーマン。

正確に発音すると「ヴェリーヴェリー」だ。とってもキャリアウーマン。


2003年12月13日 (土)

福引きねこ

学生のころ、デパートで福引きのアルバイトをしていた。

はずれなしのスピードくじだったが、最下位の賞品はメモ帳などの粗品だった。たいていの人が「なーんだ」「つまんないの」と悪態をついてきた。だったら返せよ。

はずれが賞品なしだったら、みんなもっと文句を言うくせに。


2003年12月12日 (金)

いかにもアクセサリーっぽいイメージなのに

デジタルカメラを買うとアクセサリーが付いてくる。

アクセサリーというからには、ピアスとかネックレスがおまけで入っているのかと想像してしまう。ところが実際は、革ケースやケーブルとかなのでがっかりだ。

そういえばWindowsの「アクセサリ」にもつまらないものしか入っていない。メモ帳とか。


2003年12月11日 (木)

レディサンタ

電車に大丸百貨店の広告が出ていた。

それには「彼と私の関係は、限定モノ」というコピーがあった。期間限定という意味だろうか。季節がら、クリスマスプレゼントをもらうためだけの恋人というわけだ。

デパートの商戦はすさまじい。自分へのごほうびなど買ってる場合ではない。


2003年12月10日 (水)

やっぱり行っときゃよかった

大阪に「チンクエピュウ」という妙な名前のレストランがあった。

ところが、いつのまにか名前が変わっていた。新しい店名は「ブールブラン・アッシュ」という。これなら気はずかしい思いをすることもない。さっそく友人を誘って行ってみよう。

地元の私立校「八代学院」は「神戸国際」に改名した翌年、入試の応募数が倍になったらしい。


2003年12月 9日 (火)

アッ

兄のバイクが盗まれた。

ところが昨日偶然、そのバイクに乗った犯人を見つけた。兄はうまく犯人を取り押さえたが、バイクをいったん道脇に寄せている間にあっさり走って逃げられてしまった。

「だって後車に迷惑だろ」と兄は言う。確かにそうだ。


2003年12月 8日 (月)

臨死体験

会社の女の子が携帯電話を新調した

しかし、あえて最新機種を選ばなかった。理由は「死ぬほど色が気に入らないから」とのことだ。そんな彼女は、嬉しいことがあると決まって「もういつ死んでもいい!」と言う。

死を安易に考える若者が多いというが、こんな身近にもいるとは恐ろしい。


2003年12月 7日 (日)

あこがれのコードレス

掃除機の調子が悪い。

吸い込み加減は良好なのだが、コードの巻き取りがうまくいかない。仕方がないので自分でむりやり押し込んで戻しているのだが、最後の10cmぐらいがどうしても入らない。

掃除をするたびにストレスが溜まる。れっきとした現代病だ。


2003年12月 6日 (土)

カッコよく

このごろ喫煙者が減ったように思う。

値上がりを機会に禁煙した人が増えたのだろう。国の税金収入は大丈夫なのだろうか。まさか他の嗜好品から税を徴収することになるのではないか。ガム税とかアメ税とか。

関西風に言うとアメちゃん税だ。国家を支えるアメちゃん。頼もしい。


2003年12月 5日 (金)

おしゃれキャット

かっこいいメガネをかけている知人がいる。

「おしゃれメガネですね」とほめたところ、相手はいやな顔をしていた。どうも「おしゃれナントカ」というのはほめ言葉にはならないようだ。じゃあなんと言えばいいのだろう。

「クールなアイウェアですね」というのはどうか。かえってばかにしているみたいだ。


2003年12月 4日 (木)

余計なこと書いた

誕生日を祝うメールを何通かいただいた。ところがわたしの誕生日は2月である。

どうも昨日の冒頭の一言「マイバースディ」というのを見て、勘違いされたようだ。実はそれは雑誌の名前である。しかしメールをくれたのは全員男性で、なんだかうれしくなってしまった。

こうなったら12月3日を第二の誕生日とする。きのうから29歳。2月で30歳。


2003年12月 3日 (水)

湿布

小学生のころ、おまじないがブームになった。

ばんそうこうを薬指に巻くと好きな人と両思いになれるというのが手軽で、わたしも試したものだった。しかしそれで恋が実ったことはなかった。ばんそうこうでは生ぬるいだろうか。

テーピングのほうが強力だと思う。しかもスポーツマンっぽくて格好いい。


2003年12月 2日 (火)

床屋

美容院に行った。

雑誌に載っているおしゃれな店なのだが、店名が「ビーナス」という古めかしいものでどうも不安だった。しかし帰り際に看板をよく見たら「VIVACE(ビバーチェ)」だった。

ヘアスタイルは格好よく決まった。ビーナスではこうはいかないだろう。


2003年12月 1日 (月)

観察

電車の中で化粧をする女性が批判されている。

しかし、公衆トイレの洗面台を占拠して化粧にふける女たちのほうがよほど迷惑だ。わたしは手を洗いたいだけなのに待たされる。それならむしろ車内でやってほしい。

どうしても見たくないという人は、なにかのショーをやっていると思えばよい。


« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »