« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月31日 (水)

気持ちは嬉しいが

会社のおじさんに「きみは結婚しないの?」と聞かれた。

ええまぁ、などと無難に答えようとしたのに、すかさず後輩の女の子が「それってセクハラですよ!?」と注意した。そんなに過剰反応されるとかえって複雑な気分になる。

受験生に「すべる」とか言ってはいけないというが、当の本人はたいして気にしていないものだ。


2004年3月30日 (火)

武庫川団地

このごろ派手な名前のマンションが多い。

「パラツィーナ・セシリア甲東園」とか「メゾン・ド・エトワール夙川」とか、ゴージャス感あふれる横文字が満載だ。住民はけっこういやがっているんじゃないだろうか。

郵便物にマンション名を省略する人が多いが、きっと恥ずかしいからだと思う。


2004年3月29日 (月)

すぐ汚れそう

東京で、かっこいいバッグを買った。

てっきり大阪には売っていないと思っていたのだが、ネットで調べたら普通にあった。なんだか損をしたような気分だが、東京のおしゃれな店で買えたんだから、と自分なりに納得した。

さらに調べると、アメリカで買うと半額だということもわかった。これは納得できない。


2004年3月28日 (日)

なかなかの美人

表参道のおしゃれなカフェに入ってみた。

となりの席に若い女の子が二人座っていて、「あーあ、わたしのハートどこ行っちゃったんだろう?」とため息をついていた。東京の人の会話はずいぶんドラマチックだ。

と思ったら、ピアスのハート型のかざりが取れただけのことだった。ひと騒がせな。


2004年3月27日 (土)

人間にとって一番大切なものってなんだと思いますか?

東京出張に行っていた。

水道橋で宗教の勧誘にあった。めんどうなので「あーウチ今から急いで大阪帰らなあかんねん、ごめんな」と普段使わないような濃いめの関西弁で言ったら、あっさり解放してくれた。

うまくいってよかったが、相手が同郷人だったら余計にややこしくなっていたところだ。


2004年3月25日 (木)

現役

知人は「ドットコムマスター★★」という資格を持っている。

ずいぶんファンシーな名前の資格だ。女の子からのメールによく「こんにちはー★」とか書いてあるような感じだ。と思ったら、「★★」は「ダブルスター」と読むらしい。

そういえば「しかく」を変換すると「■」と出ることがある。将来のための■。ふせ字みたいだ。


2004年3月24日 (水)

着こなし

学生時代の体操服を取ってある。

捨てるのも惜しいのででスポーツジムで着ることにしたのだが、みんなに笑われてしまった。胸にでかでかと学校名と校章がプリントされているのがおかしかったようだ。

外国のなんとかUniversityのシャツだったらむしろ格好いいと思われるだろうに。


2004年3月23日 (火)

マタニティ

会社の女性が産休と育児休暇を取っていた。

その後すぐ2人目ができ、また産休と育児休暇を取った。それが終わると退職金をもらって会社をやめてしまった。つまり3年間一度も出社せずに給料をもらい続けていたことになる。

すばらしい制度だ。わたしも産休を取りたい。想像妊娠ではだめだろうか。


2004年3月22日 (月)

こんなの

台湾で、飾り結びをたくさん買ってきた。

部屋に飾ってみると、普通の洋間をむりやりオリエンタルな雰囲気にした感じになった。よくある「西洋人から見たアジア」というコンセプトのレストランみたいだ。

あれもただ東洋っぽいインテリアを適当に集めただけじゃないのか。


2004年3月21日 (日)

モデルさん

へんなメールがきた。

「セルッチオでお買い得フェア!」とある。セルッチオってなんだ。ネットで調べてみたら、自分がよく行くブティック「CHERCHIO」のことだった。そうとは知らずにずっとチエコと読んでいた。

CHANELだって、知らなければきっとチャンネルと読むだろう。


2004年3月20日 (土)

辞書ねこ

漢字とひらがなを合わせた熟語がある。

「警ら」「し尿」「改ざん」などである。小学生が習っていない漢字をひらがなで書いたみたいだ。実際はすべて漢字があるのだが、「警邏」「屎尿」「改竄」なんてとても読み書きできない。

ところで、和食店の名前に「やま本」とか「い志だ」とかが多いのはなぜか。


2004年3月19日 (金)

バックプリント

通っているスポーツジムがオリジナルTシャツを作った。

とてもおしゃれなデザインで、すっかり気に入ってしまった。みんなはトレーニング用に着るというが、わたしはよそいきにしたいと思う。来週の東京出張に着て行こうか。

上からスーツのジャケットをはおったら、フォーマルな席にもピッタリだ。


2004年3月18日 (木)

青年の主張

アラブ首長国連邦という国がある。

わたしはずっと「主張国」だと思っていた。アラブ人はなにかと主張してるのかな、オレたちの石油はNo.1だぜ!とか、そこいらの砂漠と一緒にするなよ!とか言っている姿を想像した。

本当は「首長国」なのだが、それはそれで首長族みたいだ。


2004年3月17日 (水)

海藻パック

台湾で人気のエステサロンに行った。

エステティシャンは全員美人で、全室個室にシャワールームも清潔だったが、スリッパは右がスヌーピーで左がピーターラビットだった。このへんのセンスは台湾ならではだ。

エステが終わったら、なぜか焼きそばセットがでてきた。なかなかいいセンスだ。


2004年3月16日 (火)

骨董品

泊まったホテルには、あちこちに壷が飾られていた。

ところでこの壷という字だが、本当につぼのかたちそのままでおもしろい。他にも「龜山」の龜なんて、カメそっくりだ。漢字が象形文字から生まれたというのもうなずける。

有名な小龍包の店「鼎泰豊」の鼎という字は横綱土俵入りに見える。それも不知火型だ。


2004年3月15日 (月)

和食の店

台湾にはおかしな日本語がたくさんあった。

「よラ二そ(ようこそ)」とか「ビエーテイー(ビューティー)」などなど。見つけるたびにいちいち大笑いしながら写真を撮ったりしたが、おそらく現地の人には感じが悪かっただろうと思う。

帰国子女に日本のへんな英語を指摘されて、いやな気分になるようなものだ。


2004年3月14日 (日)

チャイナドレスを衝動買いした友人

台湾旅行から帰ってきた。

同行した友人は合理的な人で、ガイドブックを分解して台北の紹介ページだけを集めてテープで綴じてきた。とても便利だが、新しい本をバラバラにするのに抵抗はないのだろうか。

彼女は「どうせ今後は使わないんだから」と言っていた。記念、とかの観念はないようだ。


2004年3月10日 (水)

ニーハオ

明日から台湾旅行だ。

中国語はさっぱり分からないが、大丈夫だろうか。2年前、フランスに行ったとき「いくらですか?」をフランス語で覚えたが、相手のこたえが聞き取れないのでまったく意味がなかった。

去年のイタリア旅行でも同じだった。わたしはすでに5ヶ国語で「いくらですか?」が言える。


2004年3月 9日 (火)

山積み

兄はバレンタインデーに義理チョコをたくさんもらってきた。

ホワイトデーのお返しは、紅茶専門店のフレーバーティーにしたそうだ。意外と気がきいている。本人いわく「やっぱり相手が喜ぶものを選ばないとね」とのことだ。

以前、ハンカチと間違えてパンツを配ってしまったことを気に病んでいるのだろうか。


2004年3月 8日 (月)

ディズニープリンセス

幼少の頃、お姫様にあこがれた。

大きなお城に住み、好きなものを食べる。あとはすべて召使いがやってくれる。今思えば、そんな暮らしをしていたら確実に太るだろう。しかし絵本のお姫様はみんなスリムだ。

お城にエクササイズマシンでもあったのだろうか。アブトロニックとか。


2004年3月 7日 (日)

ねこ密入国計画

旅行の支度をしていた。

いつも愛用しているスーツケースに3日分の着替えなどを詰めたのだが、かなりすきまができた。ヨーロッパに1週間滞在できる大きさなので、当然といえば当然だ。

スーツケースはやめてボストンバッグにするべきか。ボストンに行くわけでもないのに。


2004年3月 6日 (土)

足タレント

粗品でパンストをもらった。

通勤に便利なベージュ系なので嬉しい。ところがカラー表示を見たら「セザンヌ」とある。どんな色だ。ためしにはいてみたら、うまい具合にわたしの肌にピッタリ合う色だった。

つまりわたしの肌の色はセザンヌだ。なんだかエレガントな気分になってきた。


2004年3月 5日 (金)

こわごわ

ゲームセンターにネイルアートマシンというものがあった。

装置に指をセットすると、機械が爪に絵を描いてくれるようだ。面白そうだが、マシンに手を入れるのが怖くてできない。ギロチンみたいに指が切断されそうな気がするのだ。

観察していたら、そのへんのギャルも「超こわーい!」と言って手をひっこめていた。


2004年3月 4日 (木)

毛穴キラー

化粧品屋で新商品をすすめられた。

サッとひと塗りで毛穴が目立たなくなるというパウダーで、なんと1万5000円もする。ずいぶん高額だ。一万円札を細かく刻んだ粉末でも入っているのだろうか。

そんなもの全然ありがたくない。金箔入り日本酒みたいだ。


2004年3月 3日 (水)

えー

薬局にリップクリームを買いに行った。

いつも使っているものが見当たらないので、店員に聞いてみた。すると店員は商品棚も見ずに「そちらに出ているだけです」と言った。ずいぶん適当な扱いをしてくれる。

いじわるで入荷予定日を聞いたら、「来週の水曜日です」と即答した。おそれいりました。


2004年3月 2日 (火)

記念

雑誌に写真が載った。

といってもファッション雑誌などではなく、スポーツ誌のかたすみに小さく写っているだけだ。それでもなんだか嬉しくて、一冊購入して友人たちに見せまくってしまった。

あんまり写り良くないんだけど、とか言いながら。我ながらしょうもない奴だ。


2004年3月 1日 (月)

カウンターねこ

台湾旅行の代金を支払いに行った。

今日はとても混雑していて、何分も待たされた。別に仕方のないことだから気にならなかったが、店員がやってきてひとりひとりに「申し訳ありません」とうやうやしくあやまっていた。

あやまられても困る。サービスのつもりだろうか。かえって何もしない方がましだ。


« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »