« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月31日 (月)

夏野菜とねこ

きゅうりが大嫌いな知人がいる。

きゅうりが入っているだけで、サラダも冷やし中華もダメだという。だったらきゅうりをよけて食べればいいじゃないかと提案したが、そんな単純なものでもないらしい。

例えばハエがついたご飯のハエをよけて食べろ、と言われても無理なのと同じことのようだ。


2004年5月30日 (日)

ドライブねこ

車を運転した。

自動車のドアは、力まかせにバターンと閉めるものだ。どんなにエレガントなお嬢さんでも、すてきな恋人と高原をドライブしても、ドアを閉めるときはバターンだ。

お行儀もへったくれもない。ベンツだろうがロールスロイスだろうがバターン。


2004年5月29日 (土)

すいませんねー

兄は酒が飲めない。

しかし年配の人などにすすめられると断りにくいものだ。そんなときは「イヤー、今日は車で来てるので」と言っているという。本当は電車で帰るので、そのうちばれそうだ。

兄は「電車だって車の一種だ」と言うが、そんなトンチで世の中を渡っていくつもりなのか。


2004年5月28日 (金)

ナチュラルメイク

化粧品の宣伝によく「透明感」という言葉が使われる。

「透明感のあるファンデーション」とか書いてあるが、どういう意味なのか。おそらく「まるで塗っていないような」ということなのだろうが、だったらなにも塗らなければいい。

ところで透明人間が化粧をしたら、やはり塗った部分だけが空中に浮くのだろうか。


2004年5月27日 (木)

黙秘くん

ニュース番組を見ていた。

よくある「犯人は雑談には応じるが、依然として黙秘を続けており…」というのが気になる。どんな話をしているのか。犯行の真意よりそっちのほうが興味がある。

やはりふるさとの話だろうか。それともモーニング娘の話題か。


2004年5月26日 (水)

イメージキャラクターは有名作家の作品

大阪・南港に「フードアウトレット」という大型施設がオープンした。

しかし営業しているのはパン屋一軒のみで、他はがらんどうだ。建物だけ先に作ってしまったはいいが、テナントが入らなかったという。ずいぶん計画性のないことだ。

ともかく、パンは安くておいしいらしい。そこまで行くのに大阪駅から600円かかる。


2004年5月25日 (火)

堂々と

女性専用車両には、老人なら男性でも乗っていい場合があるそうだ。

日ごろセクハラがどうのこうのとうるさい世の中なのに、「じいさんは例外」というのはまずいのではないか。じいさんを男として見ていないということになる。

そういえば男子トイレに堂々と入るおばさんもいる。ジェンダーフリーとはこのことか。


2004年5月24日 (月)

若人

会社に若い男性がたくさんいる。

みんな髪の毛をわざとくしゃくしゃにしている。自然な感じでいいと思うが、年配の人には受けが悪い。髪型ばかり気を使って中身がなっていない、などと言っている。

自分たちのバーコード頭はどうなんだ。気を使った結果がそれか。


2004年5月23日 (日)

紀伊国屋書店ねこ

子供向けのコンピュータ解説書はたくさんある。

その中に「情報ってなあに?」という本があった。タイトルをむりやり子供っぽくしただけ、という感じがする。子供はこれを読んでみたいと思うのだろうか。

これが大人向けだと「できる」シリーズになる。「Excelってなあに?」でもいいと思う。


2004年5月22日 (土)

我輩は…

阪急電車で乗り越し精算をした。

この精算機に描いてある千円札のイラストがとても面白い(上図参照)。こんなおとぼけな夏目漱石はめったにない。いつも見るたびに楽しい気分になる。

もうじきお札のデザインが変わるが、このイラストは残しておいてほしい。署名でもするか。


2004年5月21日 (金)

声の笑顔

会社の人に勧誘電話がかかってくる。

何度も断っているようだが、毎日しつこくかけてくる。きっと断り方が弱いのだろう。もっと怖がらせるぐらいきつい口調で言わなくてはだめだ、とアドバイスしておいた。

それで相手を怒らせて、腹いせにピザや寿司が大量に届けられるかもしれない。楽しみだ。


2004年5月20日 (木)

おっちゃん

歩行者用信号機を見て気づいたことがある。

そこに描かれている男は、帽子をかぶっている。山高帽というのだろうか、こんなのをかぶっている人はあまり見かけない。いたらちょっとあやしい人かもしれない。

緑信号の人は「おひかえなすって」と仁義を切っているようにも見える。


2004年5月19日 (水)

なんでもいいです

会社のおじさんがランチをごちそうしてくれた。

好きなものを注文しなさいとのことなので、わたしはステーキセットにした。同席した女の子は「じゃあわたしも同じのでいいです」と言っていた。それは失礼だろう。

ちなみにステーキセットは一番高いメニューだ。もしかしてわたしのほうが失礼だったか。


2004年5月18日 (火)

免許皆伝

わたしの字は、ちょっとくせがある。

というのも、小学生の頃に流行したマンガ字が原因だと思う。かわいく書けるように何度も練習したものだ。今でも書こうと思ったら完璧に書ける。これは特技だ。

流派を作って師範になろう。試験合格者には段を発行する。通信教育あり。


2004年5月17日 (月)

あまやどりねこ

今日は雨だった。

雨が降るといつも「本当にうっとうしいわ、早くやんだらいいのに」と親のかたきのように言う人がいる。なにもそこまで嫌わなくてもいいだろう。あんたのほうがうっとうしい。

農家の人のことを少しは考えたらどうだ。などと普段思いつかないようなことを考えた。


2004年5月16日 (日)

ランドセラー

知人の息子さんが小学校に入学した。

その入学式で、校長はあざやかに手品を披露したという。もちろん児童たちには大ウケで、始終なごやかなムードで式は行われたという。楽しそうな学校だ。

君が代や日の丸でもめるんだったら、手品をすればいいのだ。


2004年5月15日 (土)

結局こんなのに

プリクラを撮った。

背景イメージやスタンプがいろいろ選べるようになっているが、どれもキンキラキンで安っぽい。もうちょっと落ち着いた感じの、大人のためのプリクラはないのだろうか。

探したが、せいぜいワイングラスのイラストがあるぐらいだ。大人のムードといえばワイングラス。


2004年5月14日 (金)

土足厳禁

大阪に「食のアウトレット」という大型店ができるらしい。

アウトレット、というとB級品とか売れ残り品とかが売っているイメージがある。しかしB級品の食べ物はなんだかまずそうだし、売れ残り品なんて買いたくない。

もしかしてB級グルメが集まるのだろうか。大阪だけに、たこ焼き屋ばかり100軒とか。


2004年5月13日 (木)

正義の味方

阪急電車には携帯電話オフ車両がある。

しかし気づかずに携帯をいじっている人は多い。ところが今日、メールを打っている人に片っ端から注意していくじいさんがいた。正義感まるだしで、けっこう目ざわりだった。

いつか間違って女性専用車両に乗ってほしい。そしてばあさんに注意されてほしい。


2004年5月12日 (水)

かいねこ

日本語の言葉使いは難しい。

たとえば「猫にごはんをあげる」というのは間違いらしい。正式には「猫にエサをやる」だそうだ。しかしそれでは飼い猫に対する愛情が感じられない。とても事務的な表現だ。

パソコンがフリーズすると「お亡くなりになる」という人がいるが、あれは明らかに間違いだ。


2004年5月11日 (火)

ファッションショー

会社の近所に高校がある。

ここの女子の制服はスカートとズボンが選べるらしく、たまにズボンの女の子がいる。しかしOLのパンツスーツのような格好いいものではなく、もんぺのようなデザインだ。

ブレザーのポケットには花のししゅうもある。さてはモリハナエか。


2004年5月10日 (月)

闘病ねこ

タレントの闘病生活の様子がテレビでやっていた。

途中でチャンネルをかえてしまったので、内容はよくわからない。会社の女の子が言うには「そこからがいいところだったのに!」とのことだった。いいところとはなんだ。

彼女にかかれば、死ぬ直前あたりが「見どころ」になってしまうだろう。


2004年5月 9日 (日)

解決

毎日弁当をつくるのは大変だ。

特に、いろどりを考えるのが難しい。そこで思いついたのだが、赤いおかずが足りないときは赤い弁当箱を、緑の野菜が足りないときは緑色の弁当箱を使えばいいのだ。

以前、カレーピラフを黄色い弁当箱に入れてひらめいたアイデアだ。見事にまっ黄色だった。


2004年5月 7日 (金)

植木鉢、のあたりに問題が

小学一年の図工の時間、「好きなものを描きなさい」という課題が出た。

先生としては、のびのびとした子供の自由な感性が見たかったのだろう。しかし結局みんなドラえもんを描いていた。子供の感性なんてしょせんそんなもんである。

しかも絵かき歌のとおりに描いたので、ほっかむりのようなヘタクソなドラえもんだった。


2004年5月 6日 (木)

課長

「サルにもできる○○」という参考書がたくさんある。

それだけ分かりやすいということなのだろうが、どういうわけかコンピューターに関するものが多い。たとえば料理コーナーで「サルにもできる和食」なんて見たことがない。

あっても買わない。サル味がしそうだ。


2004年5月 5日 (水)

メガネちゃん

メガネを取ると美人になる、というマンガがよくある。

しかし実際にメガネを取ると、ちょうど目がしらのあたりに鼻あてのあとがクッキリと赤くつくものだ。マンガではそのあたりがきちんと描かれていないので納得がいかない。

それなら歯の矯正器具を取ると美人に、という話のほうが説得力があると思う。


2004年5月 4日 (火)

あこがれの職業

看護婦さんはタメ口をきく人が多い。

年下のわたしに対してなら問題はないが、老婦人にも同じように話しかけるのが気になる。あのねおばあちゃん、呼びにくるまで起きちゃダメよ?とかなんとか。

わたしが老人なら、わざと耳が遠いふりをするだろう。いーやわたしゃ80歳ダヨ、とか言って。


2004年5月 3日 (月)

5月ねこ

もうすぐ子供の日だ。

ところでこいのぼりだが、5月5日をすぎても出しっぱなしにしているところが多い。3月3日のひな人形は、その日のうちに片付けないと娘がお嫁に行けなくなると言われている。

男の子の場合、養子に行かないようにという親心だろうか。


2004年5月 1日 (土)

中国自動車道下り線

ゴールデンウィークだ。

新聞を見ると、帰省ラッシュの交通渋滞の写真がある。連休終盤にはきっとUターンラッシュの様子が掲載されるだろう。もしかして毎年同じ写真を使っているのではないか。

真夏の動物園の「シロクマに氷をプレゼント」の写真もあやしいと思う。


« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »