« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月31日 (金)

うろ覚えの風景

近所に「ぶなの木」という古い喫茶店があった。

一度も入ったことはないが、昔からその店名が気になっていた。ところが今日久しぶりに前を通ると、看板が「にれの木」になっていた。どうしたのだろう。経営者が変わったのだろうか。

いずれにしてもいい名前だ。「Cafe de ナントカ」とかにならなくてよかった。


2004年12月30日 (木)

ふたりの世界

女性専用車両に乗った。

ところが、そこには男女のカップルがいた。しばらくすると女が気付いたようで「ここ女性専用だよ」と言うと男が「あぁ、オレは気にしないから大丈夫」と言っていた。

ラーメンに指がつかっているのを注意すると「熱くないから平気です」という店員みたいだ。


2004年12月29日 (水)

100万回生きたねこ

「生きとし生けるもの」って、まわりくどい言い回しだ。

つまり「生物」という意味だろう。ずいぶんもったいぶっている。他にも、「風立ちぬ、さあ生きめやも」なんて、日本語じゃないみたいだ。特に「めやも」のあたりが。

「風とともに去りぬ」も分かりにくい。去るのか去らないのかどっちだ。


2004年12月28日 (火)

おっさん壁紙

学生のころ、インターネットカフェでバイトをしていた。

といってもたんなる店番だが、よくお客から「英文サイトを和訳してくれ」と頼まれて困った。断ると、「なんだ、ここの店員はそんなこともできないのか」と呆れられた。

呆れるのはこちらだ。本屋の店員に洋書を和訳しろ、と言っているようなものだ。


2004年12月27日 (月)

スポーツマンに対する偏見

インタビュー記事などの(カッコ)書きが気になる。

スポーツ選手なら「今季はいい仕上がりだったよ、(来シーズンも)この調子で行きたいね」という具合だ。このカッコ内は編集者がつけ足しているのだろうか。

(そんなのなくても)だいたい分かるから、(勝手なことは)しないほうがいい。


2004年12月26日 (日)

みんなこんな言葉ばかり

先日の結婚式では、メッセージを書くことが多かった。

まず招待状の返信ハガキにメッセージ欄があった。次に式場で寄せ書きの色紙が回ってきて、2次会ではポロライドを撮ってメッセージを添える、という具合だ。

そのうち書くことがなくなってしまい、困った。メッセージとお色直しは1回でお願いしたい。


2004年12月25日 (土)

大役

友人の結婚式に出席した。

受付にクマのぬいぐるみが飾ってあった。このごろ定番の風習だ。しかし将来自分が挙式することになったとしても、こんなファンシーなものを飾るのは抵抗がある。

というわけで、民芸木彫り熊を置くことにする。サケをくわえているあれだ。


2004年12月24日 (金)

ポストねこ

年賀状を書いて投函した。

会社の友人いわく「ぜんぜん書くヒマがなくて」「忙しくてハガキ買いに行く時間がないよ」とのことだ。それでは期日に間に合うように送ったわたしがまるでヒマ人みたいではないか。

しかもわが家にはプリンターがないので、すべて手描きだ。確かにヒマ人ではある。


2004年12月23日 (木)

ガッカリ系

伊丹のショッピングモールにノルウェーのサンタがやってきた。

ところがそのサンタはセーターに半ズボンという妙な格好だった。あちらでは普通らしいが、これではただのへんなおっさんである。なんでも本場にすればいいってもんじゃない。

そういえば、ベルギーワッフルだってマネケンのほうがうまいらしい。


2004年12月22日 (水)

家族の肖像

子供の写真を年賀状にする人が多い。

デザインも考えないで済むし、家族が元気なことも知らせることができる。わたしもやってみたいが、まだ子供はいない。自分の小さい頃の写真でも送ってみようか。

年明けに「子供いたの?」と聞かれて「いない」と答える。混乱する相手。ほくそ笑むわたし。


2004年12月21日 (火)

遭難

会社のおっさんが、パソコンの操作法で困っていた。

「誰か、パソコンのプロを呼んでくれ!」と言うのでなにごとかと見に行ったら、ただフリーズしただけだった。その程度でプロを呼べとはおおげさなことである。

とりあえず再起動してあげた。これでわたしもプロだ。


2004年12月20日 (月)

くつろぎのひととき

エステのおすすめ方法はだいたい決まっている。

「高いから無理です」と断ると、一日に飲む缶ジュース代を節約すれば○年で元が取れる、とか言われるものだ。仕事の合間のささやかな楽しみを奪われるなんてひどい話である。

しかもわたしはジュースなど買わず、冷水機の水を飲んでいる。これが節約というものだ。


2004年12月19日 (日)

ご神岩

こわい話をひとつ。

家の近所の車道に、大きな岩がある。道を舗装するときに砕いてしまう計画だったらしいが、なぜか作業員が次々にケガをした。きっとたたりだということで、今もそのままになっている。

こう聞くと恐ろしいが、その岩は単なる中央分岐帯にしか見えない。地味なたたりだ。


2004年12月18日 (土)

ブーブー

免許はあるが運転をしない人のことを「ペーパードライバー」という。

ペーパーテストを受けただけ、という意味だろうか。いや路上テストだってやっただろう。では免許証だけ、ということでペーパーか。免許証はペーパーじゃない。けっこう固い。

屁理屈をこねてみたが、単に自分がペーパードライバーだと言われるのがいやなだけだ。


2004年12月16日 (木)

うーん

わたしの通っているエステには、強引な勧誘はない。

ただ、もうれつに「おすすめ」がある。田中さんのためを思って言ってるのですよ、という具合だ。ではこちらからも申し上げるが、それはやめたほうがいいと思う。

もちろん、あなたがたのためを思って言ってるのですよ。そのうち店名出すぞ。


2004年12月15日 (水)

冬の日

母がチョコレートを食べている。

太るよと注意すると、「チョコは体にいいから食べなきゃダメだ」と言う。そういえば以前まんじゅうを食べているときも「もちは米、あんこは豆だから体にいい」と言っていた。

さらに「これはよもぎもちだから、薬だ」とも言った。おかげで母はとても丈夫だ。


2004年12月14日 (火)

文化系少年

先日、お知らせ文を書いた。

自分のブラウザ(オペラ)では問題なかったが、IEだとすごい太い文字になっていたので驚いた。タグを間違えていたのに、オペラは勝手に都合よく表示していたので気づかなかった。

みんなオペラのせいだ。こうなるとフランスのオペラ座まで憎い。坊主憎けりゃ袈裟固め。


2004年12月13日 (月)

うちの子にかぎって

機械を擬人化する人がたまにいる。

よその部署の女の人が、わたしの課にコピー機を借りにきた。「うちの子、調子悪くって」と言う。「すぐにご機嫌そこねちゃうんですよ」とも言っていた。ちょっと対応に困る。

こちらのコピー機を使いながら「この子、いい感じですね」とも言った。ますます対応に困る。


2004年12月12日 (日)

リアルタイプ

わたしは二重まぶただ。

ある日化粧品屋に行ったとき、店員に「きれいな二重ですね、整形ですか?」と聞かれたことがある。その場では笑って否定したが、考えてみればなんだか失礼な話である。

しかしわたしの長い巻き髪を「つけ毛?」と聞かれても全然腹は立たない。ふしぎなことだ。


2004年12月11日 (土)

既製品

カードショップに年賀ハガキを買いに行った。

ちょっと高いが、すてきなデザインのものを見つけた。これにしようかと思ったが、よく見るとすみのほうに小さな文字で「あなたはそのままでいいんだよ」とか書いてある。

ポエムはいらない。いらないから、2割ほど引いてくれ。


2004年12月10日 (金)

キリシタン・ディオール

会社に香水のきつい女性がいる。

あるとき、なんとわたしの手から同じにおいがすることに気が付いた。聞けば、彼女は香水を手のひらにもつけるので、ドアノブなどを通してにおいが伝染するということが分かった。

もしかしてマーキングだろうか。この会社は完全に彼女のテリトリーだ。


2004年12月 9日 (木)

グラフィックデザイン

会社の飲み会で、血液型の話になった。

上司がある女性に向かって「君はB型だろう?」と聞いた。すると彼女は「わたしはA型です、失礼な!」と怒った。目の前にいたわたしはB型である。あんたのほうがよっぽど失礼だ。

しかし場を盛り下げるのもなんなので黙っていた。B型が自己中心的だなんて誰が言った。


2004年12月 8日 (水)

おしゃれインナー

冬用の下着のシャツを買った。

説明書きを見ると、「特殊な繊維でばつぐんの暖かさ、立体裁断によりボディラインを引き締め、胸のシャーリングでバストをふっくらアップさせます」とのことだ。

これはもうアウターにしてもいいと思う。色はおしゃれなブラックにした。


2004年12月 7日 (火)

ひどい

会社の友人にCDを貸した。

数日後、「ありがとう」書かれた大きなメモが貼られてデスクに置いてあった。それをはがすと、CDケースにヒビが入っていた。あまりにもせこい隠し方に腹が立つ。

友情にもヒビが入った、などときれいにまとめても怒りはおさまらない。


2004年12月 6日 (月)

ん?

わたしはハングルが読める。

ずいぶん前に、おもしろそうなので覚えた。そうとは知らない周囲の人は、ちかごろの冬のソナタブームに乗って勉強したのだと思っている。違うのに。

人気のミュージシャンに「オレはデビュー前から知ってたけどね」とかいう奴と同じだ。


2004年12月 5日 (日)

ゆうメイト

よく迷惑メールがくる。

しかし件名が「どもども(^o^)/はじめまして?♪」だったりするので、もしかして読者の方からのお便りかな、と思って見てしまう。でも結局出会いサイトの紹介でがっかりさせられる。

考えてみれば、こんな浮ついたタイトルで送ってくれた方は今まで一人もいない。


2004年12月 4日 (土)

一応チェック

このサイトを雑誌に掲載しました、というメールが届いた。

本屋で立ち読みしてみたら、個人サイトが何百も紹介されているものだった。一冊送ってくれるというわけでもないので、記念にほしければ自分で買うしかない。

こういう雑誌は、わたしみたいな購買層で成り立っているのだろう。他に誰が買うんだ。


2004年12月 3日 (金)

葉っぱじゃないでしょうね

新潟地震で、いまだ困っている人がたくさんいる。

わが社からも心ばかりの義援金を集めて送った。お金とは別に、物品の支援も行った。うちは電機メーカーなので、テレビやストーブ、懐中電灯などを提供した。

なんかボーナスの現物支給みたいだ。役に立っていればいいが。


2004年12月 2日 (木)

鳥人間

そろそろ年賀状を作ろうと思う。

来年は酉年だそうだが、わたしはニワトリなんてうまく描けない。いつものねこでも描いておこうか。別にむりやりトリにちなむ必要はないだろう。

毎年、干支とは関係なくディズニーキャラクターの賀状が届くのだし。


2004年12月 1日 (水)

ねこ専用

景品でマグカップをもらった。

ところでこのマグカップだが、結婚式の引き出物やおみやげなどでよくもらう。めったに割れることもないし、おかげで家の食器棚はマグカップだらけだ。

贈り物といえば、とりあえずマグカップ。だったらとりあえずビールのほうがうれしい。


« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »