« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

ニャンコ先生ー

アメダスと聞くと、いなかっぺ大将が「雨だす!」と言っているのを想像してしまう。

本当は「AMeDAS」で、Automatedなんとかシステムの頭文字をとったものだ。小文字のeが入っているあたり、やはり意図的に「雨」とかけているんだろう。

なんとかデータベースという名前だったら「雨だべ」になると思う。


2010年9月29日 (水)

ケロヨン・キング

最近、あちこちで「ネットランキング1位!」という謳い文句を見る。

よく調べると、楽天ランキングのスイーツ部門、その中の洋菓子部門のドーナツ部門でさらにサーターアンダギー部門で1位、というかなりミクロなものだったりする。

わたしも絵日記ブログの専業主婦部門、ドット絵部門、文章3行部門ではたぶん1位だ。


2010年9月28日 (火)

ギャー

部屋に大きなクモが出た。

クモはいやな虫を食べてくれるいいヤツなのだが、やはり一緒に暮らすのはちょっとごめんだ。合コンなどで「いい人なんだけどねー」と言われるタイプである。

車めあてのアッシーくん、食事をおごるメッシーくん、虫を退治してくれるムッシーくん。


2010年9月27日 (月)

限定品

化粧品セットを買うと、おまけでポーチが付いてくる。

とても素敵なデザインのものあるので、おまけ目当てで買う客もたくさんいるだろう。いろんなブランドのポーチをコレクションして楽しむ女性も多いと思う。

せっかくだから中身の化粧品はちゃんと使うところがビックリマンチョコと違う点だ。


2010年9月26日 (日)

来るべき世界

ちょっと格好悪いけど、ババシャツは必需品だ。

店では「ホットインナー」とか書いてあるが、実際はそんな言い方はしない。あえてババシャツと呼んで自虐することで、着ることの後ろめたさを払拭しているんだと思う。

下着店ピーチジョンの商品名「BABA」は、開き直りすぎであまり好きになれない。


2010年9月25日 (土)

コラボエコバッグ

女性雑誌のファッション用語はいろいろ略しすぎだ。

「プチプラ」「カラバリ」「ドメブラ」「エコバ」など、ちょこざいなオシャレ用語が満載なのだが、だいたい理解できてしまうのがちょっと悔しい。

喫茶店「歩゚絵夢」もちゃんとポエムと読めてしまうところがなんか悔しい。


2010年9月24日 (金)

キャラクタービジネス

なんとなく空回りしている日本のハロウィン。

かぼちゃを飾ったり仮装パーティーをしたり、がんばっているんだけど今ひとつ盛り上がりに欠ける。やっぱりクリスマスみたいにプレゼントがないダメか。

でも「愛する人にかぼちゃを贈ろう!」とか、これぞ空回りというイベントになりかねない。


2010年9月23日 (木)

服の趣味も悪い

上図は、小さい女の子が描きがちな少女の絵だ。

マンガチックな大きな目はいいとして、両目を描くとバランスを取るのが難しいからウィンクでごまかす。同じく、手を描くのは難しいので後ろで組んでごまかす。

むしろ胴体を描くのは難しいので、顔だけ描いてごまかす。ひどいときは目だけ。


2010年9月22日 (水)

ヒッヒッヒ

人魚姫は、自分の声と引きかえに人間の足をもらった。

ところでその魔法使いのばあさんだが、若さや美しさといったありがちな女性の望みではなく、あえて「声」を欲しがるところにマニアックな何かを感じる。

本当は声優になりたかった魔法使いのおはなし、「人魚姫2」。


2010年9月21日 (火)

気の迷い

近所のリサイクル店で、ワンピースが100円で売られていた。

次の日見たら、すでになくなっていた。しばらくして、あるヴィンテージショップでそれが2500円で売られていたのを見つけた。しかもすぐに売れてしまった。

わたしは何も損をしていないのに、ものすごく悔しいのはなぜだろう。


2010年9月20日 (月)

アタッチメント

デパートで、2Wayブーツなるものをすすめられた。

サンダルの上から付属のカバーを付けると、あっというまにブーツに早変わり!という品物である。おトク感はあるが、やはりデザインがちょっと特殊だ。

取って付けたような、という言葉がとてもよく似合う。


2010年9月19日 (日)

そんなんでいいのか

近所に世界最大級のダイソーがある。

とは言っても、ここは東京のすみの結構不便な場所だ。それでも外国人観光客の姿をちらほら見かける。原宿や渋谷ではなくあえてこちらに来るとはなかなかの通だ。

先日見かけた外国人は、祝儀袋をまとめ買いしていた。かなり通ごのみだ。


2010年9月18日 (土)

レジャーねこ

むかしから「大学はレジャーランド」などと言われている。

テーマパークじゃなくて、あくまでも「レジャーランド」である。ディズニーランドやUSJじゃなくて、宝塚ファミリーランドや近鉄あやめ池遊園地である。

理系だったら多摩テックという感じか。


2010年9月17日 (金)

ひどいよ姉さん

フランス語で乾杯のことを「チンチン」という。

そしてイタリア語で「カツオ」といえば男性器のことらしい。つまり磯野カツオがイタリアで自己紹介をし、フランスワインで乾杯すると大変楽しいことになる。

そのあと中国の「チンポー湖」に行けばグランドスラムだ。


2010年9月16日 (木)

店名で気づくべき

デパートには「Sサイズの婦人服売り場」がある。

うっかり気づかずに入ってしまい、あれこれ物色したことが何度もある。なんとなく失礼だからか、店員も「ここはSサイズですよ」注意してくることはない。

ハッと気づくと周りは小柄な女性ばかりで、あわてて立ち去る恥ずかしさ。


2010年9月15日 (水)

ミラクルショッピング

ダイエーに「木曜の市」という安売りデーがある。

「モクモクモク、木曜日ー」みたいな歌が流れるのだが、これがドンキホーテの「ドンドンドン、ドンキー」にそっくりなのだ。パクリなのか偶然なのかは分からない。

でも脳内再生率はドンキのテーマほうが圧倒的に高い。


2010年9月14日 (火)

未来のチャットレディ

子供の頃、未来といえば「テレビ電話」だった。

相手の顔をテレビで見ながらお話しできたら面白いのになぁ、と21世紀に思いを馳せたものだが、実際に可能な時代になってみると意外と使わないものである。

というか、むしろ面倒で使いたくない。もちろん銀色のピチピチスーツも着ない。


2010年9月13日 (月)

快楽の供給

主人の弁当箱のフタには「Pleasure Supply」と書かれている。

そのプレジャーサプライが昨日こわれてしまった。新しいのを買ったのだが、今度は「Coma Completamente」とある。スペイン語で「全部食べろ」という意味らしい。

デザイナーに聞きたいのだが、この「外国語で一言」ってどうしてもやらないといけないのか。


2010年9月12日 (日)

はばたけ大空へ!

玉姫殿は、今は「ベルクラシック」という名前になっている。

同じく高砂殿は「グランドティアラ」、平安閣は「マリエール」、月華殿は「フェイセス」とそれぞれ改名した。時代にあわせておしゃれになっている。

でもなんか印象が薄い。旧バージョンのCMソングは全て歌えるのに。


2010年9月11日 (土)

アメリカ人

外国人はおつりを「足して」計算するという。

引き算が難しいからとのことだが、日本人にはかえって面倒でややこしい。英会話が堪能な人は、このおつり足し算方式もマスターしてるんだろうか。

「ごめーん、アメリカ暮らしが長くて引き算ニガテなんだ」というとすごくヤなヤツっぽい。


2010年9月10日 (金)

シュッシュッ

上図のような髪飾りをシュシュという。

中学、高校時代にも流行していたが、その頃はそんなシャレた名前があったとは知らなかった。知っていたところで、フランス語とは夢にも思わなかっただろう。

「髪をシュシュッと結ぶからシュシュだって。ダッセー」とか笑ったに違いない。


2010年9月 9日 (木)

こんなんだったかなー

学生の頃「痩せる石鹸」というのが流行した。

洗うだけで痩せるなんて、そんなウマい話があるわけない。と頭では分かっていたが、「もしかしたら」と結局買ってしまった。我ながらバカである。

胸が痩せたら困るので、なるべく泡をつけないよう注意していた。まったくバカだ。


2010年9月 8日 (水)

トイレどうすんの

この夏、こんなモンペみたいな服を着たギャルをよく見た。

そういえばマリーアントワネットの時代に、貴婦人たちの間で「農民風ドレス」が流行したという。ゴージャスはもう古い!これからは農ガール!ってな感じか。

歴史と流行と過ちは、つねに繰り返されるものである。


2010年9月 7日 (火)

本来の意味

だた放っておくことを「放置プレイ」という人が多くなった。

もともとはかなりマニアックなSM専門用語のはずである。ところが、料理レシピブログなどで「ここで30分放置プレイ!」などと明るく書かれている。

「ドS」か「ドМ」にカテゴライズしたがる人もやたら多い。


2010年9月 6日 (月)

友の会

女子会がブームである。

ブームというか、むりやり流行をしかけようとしている感じがなんとなくニクい。有志をあつめて「女装同女子会」という名前で予約を取ってみてはどうか。

同好会なのか女子会なのか、男なのか女なのか。


2010年9月 5日 (日)

知ってるくせに

子供はなにかと「これなあに?」と聞いてくるものだ。

しかし、スーパーなどでお菓子や玩具を手にして「ママこれなあに?」とやる子は油断がならない。買って、とは言わずに「好奇心旺盛で無邪気なボク」を演じているのだ。

そして母親は100%無視している。


2010年9月 4日 (土)

ワレー

「借金返済を応援します」という法律事務所の広告をよく見る。

借金で困っているような人が相談料をきちんと払えるのだろうか。あと、弁護士を雇う余裕があるならその分を返済に回せばいいのに。こういうのは素人の考えか。

弁護士はみんな金持ち、というのも素人の考えか。


2010年9月 3日 (金)

ワカメちゃん

ドラえもんやクレヨンしんちゃんは、アジアを中心に各国で親しまれている。

ところがサザエさんはどうか。日本の国民的アニメと言われているのに、海外進出した話は聞いたことがない。なにか外国では受け入れられない要素があるのだろう。

変すぎる髪型、養子でもないのに同居する婿、ワカメのパンツあたりか。


2010年9月 2日 (木)

ペッパー警部

ピンクレディが復活するそうだ。

昔はビデオなんてなかったから、女の子たちは振り付けを覚えるために歌番組をものすごく真剣に見ていた。今なら「あとでYoutubeで見ればいいや」ってなもんだろう。

などと言って若者にウザがられないように気をつけたい。


2010年9月 1日 (水)

やみつきネコのえさ

「やみつきナントカ」「極上ナントカ」という商品名の食べ物が多い。

てっとり早くおいしさをアピールしたいのは分かるが、どうにも安っぽい。自分で言ってるんだもんなー、たいしたことなさそう。と思ってしまう。

しかしドラえもんの「最高級フランスケーキ」はやたらと美味しそうなのはなぜだろう。


« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »