« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

研修とかあるのか

以前、近所のスーパーのおじぎポーズについて書いた。

最近さらにパワーアップしたようで、「手のひらを胸の前に重ねて腕を水平に」「首をかしげて」「そのまま軽くスクワット」という、ふしぎなおどりみたいになっている。

MPを吸い取られないように注意したい。


2011年2月27日 (日)

二人ともすきっ歯

兄妹そろって歯が丈夫だ。

小学生の頃、学校の歯科検診でみんな「Cの2」とか言われているのに、わたしはパッと見て「はい終わり」だった。わたしだけ手抜きされてる、と被害妄想ぎみだった。

兄の場合、「俺だけスゴイ!」とあくまでもポジティブな人だった。


2011年2月26日 (土)

これじゃ自分で上げてるみたいだな

着ているものの相性が悪いことがある。

歩いているとタイツにスカートがまとわりついてどんどんずり上がってきたり、靴下がずり下がって靴の中に入ってしまったり。外出時にいらぬストレスがたまる。

ジーンズで歩くとめくれてふんどしみたいになるパンツは早く捨てようと思う。


2011年2月25日 (金)

かゆそう

こんな風に前髪をたらしている女性がたまにいる。

とても鬱陶しそうなのだが、わざわざこんなヘアスタイルにするということは何か意味があるのだろう。顔面に枠をつけることで小顔効果を狙っているとか。

佐々木小次郎効果もかなり出ていることを教えたい。


2011年2月24日 (木)

知識欲

血液型で性格が分かるとよく言われている。

ブログのプロフィールなんかに「限りなくB型に近いA型」とか書いてる人がいる。つまり基本的にガサツだけど本当は几帳面なはずなんですよ、ということだろうか。

「限りなくナントカ」なんて文学っぽくしちゃうところもその性格がよく表れている。


2011年2月23日 (水)

尿子さん

ハンドクリームといえば「尿素配合」だ。

商品が出はじめた頃は、使うのをちょっと躊躇したものだ。先日、この尿素配合のリップクリームが売られていた。ちょっとどころか、これはもうかなりためらってしまう。

製造側も大々的に宣伝しないということはやはり何か感じるものがあるのだろう。


2011年2月22日 (火)

パリのイメージ

「なぜフランス人はエレガントなのか」みたいな本を読んだ。

要約すると、フランス人はおしゃれにお金をかけない、日本人が髪を茶色に染めるのは没個性、若い娘のブランドバッグはおかしい、とかいう内容だった。

つまりジャスコで服を買ってた中学時代のわたしはフランス人並にエレガントだったというわけだ。


2011年2月21日 (月)

わたしにはまだ早過ぎる

デパートの婦人服ブランドに「Simple Life」というのがある。

そこそこ高い商品を扱っているのに、なんでそんな適当なブランド名なんだろう。100均のプラスチック製カゴなどになぜか書かれているどうでもいいロゴみたいだ。

むしろ最近の100均のほうがフランス語やドイツ語のロゴを使ってきたりと油断がならない。


2011年2月19日 (土)

ねこハウス

配偶者のことを外でどう呼べばいいのか。

「主人」というとどうも仰々しいし、「旦那」ではちょっとくだけすぎだし、かといって「うちの人」なんて呼んだらものすごい熟年夫婦みたいでイヤだ。

「パートナー」だとなぜか男女平等主義っぽくなる。


2011年2月18日 (金)

しかたないから手動で戻る

ブラウザの戻るボタンがきかないサイトがある

クリックしても、リロードするだけで戻れない。意地でも帰さんぞというこの感じは、エステのおためし体験に行ったら個室に監禁されて契約するまで帰れなかった、あの気分だ。

つまり非常に印象が悪いということだ。エステデミロードはそのせいか倒産した。


2011年2月17日 (木)

定番品

かまぼこ三連発。

昨日のようなことがあったのでかまぼこはあまり好きではなかったが、ある日おみやげの笹かまぼこを食べたところ、あまりの美味しさに一気に大好物になってしまった。

おやつにケーキか笹かまならやっぱりケーキの勝ちだが、酒があれば笹かまの圧勝だ。


2011年2月16日 (水)

デコかま

むかし、父母が知人の結婚式に出かけて行った。

おみやげの引き出物がデコレーションケーキだったので大喜びしていたら、なんとケーキ風に飾られたかまぼこだった。幼かったわたしは思わず泣いてしまったものだ。

同じことを今やられたとしても多分泣く。


2011年2月15日 (火)

大切なあなたに

デパートのチョコ売り場で、なぜかかまぼこ屋が出ていた。

「バレンタインかまぼこいかがですかー」の呼び声も聞こえる。便乗商品に慣れっこになった今では、もうかまぼこくらいでは驚かない。むしろめでたい感じでいいじゃないか。

でもホワイトデーに同じことをやられるとちょっとびっくりすると思う。


2011年2月14日 (月)

廉価版

リサイクルショップへ古着を見に行った。

買取カウンターで、おっさんがニット一枚50円の価格を付けられて猛烈に抗議していた。これブランド物だぞ!?とか言ってるのだが、ロゴは「POLO CLUB」だった。

コカコーラとUSコーラぐらいの違いだろうか。


2011年2月13日 (日)

ツバをつけると破れる

小学生の頃、テストで消しゴムを忘れて仕方なく指でこすったものだ。

当然だが、黒く汚れるだけで全然消えない。今思えば二重線でも引いて訂正すればよかったのだが、なぜか当時はそれをやってはいけないという子供ルールがあった。

そして今は二重線で訂正したらなぜかハンコを押すという大人ルールがある。


2011年2月12日 (土)

嗜好品

小学校の給食で出た黒パンが大好きだった。

それは甘い黒糖パンで、本格的なボソボソのライ麦パンとはわけが違う。そうとは知らずに「黒パンはおいしくない」というアルプスの少女ハイジは贅沢だなと思っていた。

それ以上においしい白パンとは一体どれほどのものか。と勝手に憧れていたのだから夢がある。


2011年2月11日 (金)

いざとなれば再放送もあるし

母はTV番組「きょうの料理」を見ながらメモを取る。早すぎて書ききれないことも多い。

冊子を買えば?「もったいない」、ビデオにとれば?「とり方が分からない」、ネットで見れば?「パソコンは怖い」と、いつまでもアナログなやり方を通している。

が、テレビをアナログからデジタルにするのはあっという間だった。


2011年2月10日 (木)

ハゲマネキン

デパートのマネキンの服は、後ろをクリップでとめてきれいなシルエットを出している。

気づかずに試着してみるとなんか違う、という経験を何度もしている。でもそれはアンタのスタイルが悪いから、ということで片付けられてしまうのが納得いかない。

野菜の産地表記みたいに、後ろクリップ表記も義務付けてほしい。


2011年2月 9日 (水)

こういうの

ファッション雑誌で、アパレル関係やプレスの人の写真が載っていることがある。

みんな流行に敏感でかっこいい服装をしているのだが、きれいなモデルさんがたくさん掲載されているのと同じページでは確実に見劣りするので気の毒だ。

なんだ業界人ってたいしたことないな、などと勝手な読者に思われているかも知れないし。


2011年2月 8日 (火)

バロン牛若

昔、ビックリマンチョコのシールだけを取ってお菓子を捨てるのが問題になった。

あのチョコはとてもおいしかったので、わたしは全部食べていた。まわりの友人も同じだ。もしかしてこの「お菓子を捨てた」というのは都市伝説なのではないか。

なんでもかんでもすぐに都市伝説だと考えてしまうクセはいつからついたのだろう。


2011年2月 7日 (月)

もう何十年もこの絵柄

この絵に見覚えのある人は多いと思う。

メガネやコンタクトレンズを買う際に、検査の機械をのぞき込むと見える画像だ。一本道のはるかかなたに気球。検眼のたびに小さな夢とロマンを感じてしまう。

目の悪い人はみんなこの気分を味わっているのかと思うとちょっと楽しい。


2011年2月 6日 (日)

あんまり売れなかった

学生の頃、友人たちとフリマで着なくなった服を売ったことがある。

みんな300円程度の値段をつけていたのだが、一人だけ3000円とか本気な価格設定をしているのがいた。それもブランド品とかではなく、サティで買ったような安物だ。

古ければなんでもビンテージ的価値が出ると思っていたらしい。


2011年2月 5日 (土)

図工は4B

小学生の頃、シャーペンが禁止だった。

担任の女先生に理由を聞くと「木のぬくもりが伝わらないから」というエモーショナルな答えが返ってきた。なんだかすごくムズムズしたけど何も言い返せなかった。

「環境破壊についてどのようにお考えですか?」とか質問するハカセくんっぽい奴もいなかった。


2011年2月 4日 (金)

いきなりこんなのが

近所の図書館にはミニギャラリーがあり、創作グループなどが展示をしている。

エスカレーターの壁側を利用していて、登りながら鑑賞できるのが楽しい。ところが今回の展示は人形で、しかもかなりのリアルタイプで思わずギョッとしてしまった。

以前はドライフラワーのハスが飾られたこともあった。ちょっとしたテロだ。


2011年2月 3日 (木)

テヘッ

健康診断の結果、筋腫以外の体の状態はすべて良好だった。

学校の成績がほぼオール5だけど、でも体育だけはちょっぴり苦手なの、といった感じか。なんだか少女マンガ的にモテそうな気がしてきた。

保健体育だけが5、だったら全然モテなさそうだ。


2011年2月 2日 (水)

もしもし?

筋腫は、薬で小さくできるそうだ。

ホルモンを注射することで、子宮が勝手に「え、もう閉経?」と思い込むらしい。バカだ。オレオレ詐欺にでもひっかかりそうなくらい単純だ。

それなら言って聞かせるだけでも効くんじゃないか。


2011年2月 1日 (火)

このヤロウ

また子宮筋腫ができた。

とは言っても、まだまだ小さいのでほっといても問題ないらしい。定期的に検診を受けて、上手に付き合っていくことが大切なんだそうだ。

こんなヤツと上手にお付き合いするなんてまっぴらである


« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »